ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

松葉杖をついて歩いた時の消費カロリー

約 1 分
松葉杖をついて歩いた時の消費カロリー

1、松葉杖をついて歩いた時の体重別消費カロリー

松葉杖をついて歩いた時、どのくらいのカロリーを消費してるのでしょうか?
10分・20分・30分間、松葉杖をついて歩いた時の消費カロリーを体重別にチェックしていきます。

体重が40キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時キロカロリー消費する計算になります。
20分でキロカロリーです。
30分でキロカロリーです。

体重が50キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時35キロカロリー消費する計算になります。
20分で70キロカロリーです。
30分で105キロカロリーです。

体重が60キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時43キロカロリー消費する計算になります。
20分で87キロカロリーです。
30分で131キロカロリーです。

体重が70キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時61キロカロリー消費する計算になります。
20分で122キロカロリーです。
30分で183キロカロリーです。

体重が80キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時70キロカロリー消費する計算になります。
20分で140キロカロリーです。
30分で210キロカロリーです。

体重が90キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時78キロカロリー消費する計算になります。
20分で157キロカロリーです。
30分で236キロカロリーです。

体重が100キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時87キロカロリー消費する計算になります。
20分で175キロカロリーです。
30分で262キロカロリーです。

体重が110キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時96キロカロリー消費する計算になります。
20分で192キロカロリーです。
30分で288キロカロリーです。

体重が120キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、松葉杖をついて歩いた時105キロカロリー消費する計算になります。
20分で210キロカロリーです。
30分で315キロカロリーです。

参考までに食品のカロリーを上げておきます。
消費カロリーとの比較に活用して見てください。

(1)100キロカロリーの食品
コロッケ(2個) 50キロカロリー
アイスクリーム(100g) 100キロカロリー
豆腐(木綿) 72キロカロリー

(2)100〜300キロカロリーの食品
牛乳(1杯) 100キロカロリー
グリーンサラダ(1皿) 150キロカロリー
エビフライ(1個) 210キロカロリー
カキフライ(1個) 270キロカロリー
豚の生姜焼き(1皿) 230キロカロリー
パン(1切れ) 237キロカロリー
ご飯(1杯) 168キロカロリー

(3)300〜500キロカロリーの食品
カツカレー 350キロカロリー
ロースカツ 400キロカロリー
ビーフジャーキー 315キロカロリー
ウインナー 321キロカロリー
ベーコン 405キロカロリー
サラミ 497キロカロリー

(4)500キロカロリー以上の食品
肉じゃが 600キロカロリー
餃子(7個) 560キロカロリー
春巻き(3個) 520キロカロリー
チャーハン 750キロカロリー
塩ラーメン 500キロカロリー
味噌ラーメン 560キロカロリー
とんかつ定食 910キロカロリー
唐揚げ定食 1132キロカロリー

2、松葉杖の生活になってしまっても、適度に歩いてみよう

怪我の具合にもよりますが、松葉杖生活になってしまっても10分以上の松葉杖を使用してのウォーキングは、消費カロリーアップに効果があります。

分速67m/分で平地を歩いた時の消費カロリーと比較してみましょう。

体重が50キロの人の場合の消費カロリーは次のようになります。
分速67m/分で20分間平地を歩くと53キロカロリーです。

松葉杖をついて歩いた時の消費カロリーです。

体重が50キロの人の場合の消費カロリーは次のようになります。
松葉杖をついて20分間歩くと70キロカロリーです。

松葉杖をついて歩いた時の消費カロリーのほうが、17キロカロリー多いです。

体を松葉杖だけで支えている分、体への負荷が大きいために消費カロリーが上がります。
入院して寝たきり状態では、松葉杖で歩くこともできません。

しかし、松葉杖を使った自宅療養や通院の場合は、10分でも歩くことで運動になり、消費カロリーをアップすることができます。
無理はしてはいけませんが、10分でも歩けるのであれば、松葉杖生活でも歩くようにして、消費カロリーをあげましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)