坂道ウォーキングは筋トレ効果がある!脂肪を燃やしてスリムなカラダ作り

約 1 分
坂道ウォーキングは筋トレ効果がある!脂肪を燃やしてスリムなカラダ作り

有酸素運動には、ランニング、ジョギング、ウォーキング、スイミングがあり、心肺機能を高める効果や脂肪を燃やす効果があります。

走ると消費カロリーも増えて、ダイエット効果も高まるのですが、普段運動をしない方にとってランニングはハードな運動です。

ウォーキングには歩きながら筋トレが出来る方法があり、坂道を利用するとさらに効果が増します。

ただ歩くだけの運動ですから、体力作りや健康な体作りの為に取り入れてみましょう。

坂道ウォーキングのメリットについて

坂道ウォーキングで得られるのは筋力だけではなく、消費カロリーの増加、心肺機能の向上、血流の改善といった効果があります。

下半身で言うと、ふくらはぎは第2の心臓と言われるほど重要な部分です。

ふくらはぎは血流において、ポンプのよな働きをしますから、ここの筋肉を鍛えると基礎代謝量の増加につながります。

基礎代謝は人間が活動する為には欠かせないものであり、代謝が低下すると痩せにくくなるので、ダイエットをする際には筋力も鍛えなければいけません。

脂肪を燃やしながら、筋力を付けることで理想的なスタイルになりましょう。

坂道ウォーキングで筋トレをする

平坦な道を歩くのも悪くはありませんが、筋トレを兼ねるには長時間ウォーキングをしなければいけません。

坂道を歩くと体に大きな負荷がかかり、緩やかな坂道を歩くだけでも効果があります。

足の筋肉、腹筋、背筋と下半身の筋肉を中心にトレーニングが可能です。

まず、上り坂をウォーキングする際のポイントとして、坂道では上体を真っ直ぐにして、路面に対しては垂直になるようにしてください。

そして、平坦な場所を歩く時よりも歩幅を狭くし、足裏全面で着地するように心掛けましょう。

歩いている時には、背中を丸めないように背筋を伸ばす必要があります。

疲れて来ると、視線が下へ下へと下がってしまいがちですから、顔を上げて前を意識しましょう。

姿勢が悪いと、腰痛の原因になるので注意してしてください。

下り坂をウォーキングする場合にも、上体を垂直にしなければいけませんが、体が前かがみになってしまうので、体重が後ろにかかるようにしましょう。

上り坂に比べると、下り坂では膝に体重が乗ってしまうので、傷めないように注意します。

また、下り坂は路面のコンディション次第では滑りやすくなるので、「歩幅は狭く」を常に意識しましょう。

坂道の代わりに階段を使う

近所に坂道が無い、天気が悪くてウォーキングが出来ない場合には代わりに階段を使いましょう。

坂道と同じように、下半身の筋肉を鍛える効果があります。

自宅に階段が無い場合には、古雑誌を重ねてガムテープでぐるぐる巻きにして踏み台を作りましょう。

その踏み台を昇り降りする、踏み台昇降運動もウォーキングと同じ有酸素運動になります。

体調には十分注意してウォーキングしょう

坂道は平坦な道と比較すると、体への負担が大きくなります。

運動不足の方や、体調面に不安がある方などは坂道を歩くのは避け、平坦な道のウォーキングに体が慣れて来てから挑戦してください。

坂道ウォーキングは足腰に負荷がかかりますから、歩き終わったらゆっくりお風呂に浸かって、体のケアも忘れずに行いましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA