ウォーキングマシンの効果的な使い方

約 1 分
ウォーキングマシンの効果的な使い方

マシンを使うウォーキング

ダイエットや運動不足の解消などをきっかけにウォーキングを始める人もいることだと思います。ウォーキングをしている人のほとんどは運動着と運動シューズの準備だけで足り、外を歩くことで簡単に始められます。このウォーキングにはウォーキングマシンを購入することでもう一つバリエーションを増やし、運動へのモチベーションを高めることができます。マシンを置くことは外出する必要がなくなるため真夏の日中には熱中症の予防、夜間においては防犯にも良いです。もちろん外でウォーキングをすることによるメリットも多くありますが、手段の一つとしてマシンを使うことの紹介をしていきます。

ウォーキングマシンの基本的な使い方

ウォーキングマシンの細かい機能を全て使いこなそうとしなければ、初めてでも簡単に始められます。マシンを稼働し、スタートさせると走行ベルトが回転し始めるためその回転のスピードに合わせて歩けばよくて、あとはスピードの調整を行えばウォーキングマシンの目的は果たせたと言えます。この他ウォーキングマシンには独自の機能が備わっており、ものによってその機能は異なりますが、よくあるものとしてカロリーの自動計算や心拍の計測、安全装置、タイマーなどの機能です。こうしたものを上手く使うことでより楽しくウォーキングマシンができるようになっています。

より効果的に使う

外でウォーキングをする場合、無意識に無理のないスピード調整をしているため、歩き始めでまだ体のかたいときにはゆっくり、体が温まって動くようになってくるとスピードを上げていくことができます。マシンの場合設定したスピードでしか歩けないので、ウォーミングアップとして最初にはゆっくりとしたスピードから始めることが大切です。現在の体の状態に合わないスピードで行うと体の故障にも繋がってきます。また、外でのウォーキングとの違いとして風の抵抗が無いことや傾斜が全くないことなどもあります。体への負荷に変化を付けるため、マシンによっては傾斜がつけられるものもあります。そのため体調に合わせて傾斜をつけることでウォーキングの効果を上げることもできます。しかしこれには注意も必要で、常に傾斜を付けて歩くと足に偏った負担がかかることになり、特にふくらはぎや足首がケガをすることも考えられます。時と場合に合わせて使い分けましょう。この他ウォーキングマシンならではの注意点として、携帯電話など別のものを見ながら行わないようにしましょう。外と違い障害物に当たる心配はありませんが、急に止まることができないため、足がもつれてしまったときなどに素早く対処ができず転倒するケースがあります。転倒などのアクシデントの際に人体を守る機能として安全装置が付いているものもありますが、転倒自体を避けることとは異なりますので注意は必要です。

マシンならではの機能を使い効果的に歩く

心拍計が付いているマシンの場合この機能がウォーキングの効率を上げるために非常に有効的となります。ウォーキングのような有酸素運動では脂肪燃焼がより期待できますが、自分の心拍を知ることで望ましいペースを知ることができます。こうしてマシンでのウォーキングにはいくつかのメリットがあります。これらを使いこなすことで効率を上げて運動を続けていきましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)