ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

子供をおんぶして歩いた時の体重別消費カロリー

約 1 分
子供をおんぶして歩いた時の体重別消費カロリー

①子供をおんぶして歩いた時の体重別消費カロリー

普通に歩くよりも、子供をおんぶして歩いた方が体に負荷がかかり、消費カロリーを効果的に上げることができます。

多少の誤差はありますが、まずは普通に歩いた場合の消費カロリーです。

体重が40キロの人の場合は、30分歩くと63キロカロリーになります。
1時間歩くと126キロカロリーになります。

子供をおんぶした時の消費カロリーは、自分の体重に子供の体重をプラスして計算します。
体重8キロの幼児を抱っこして歩く時の消費カロリーです。

体重40キロの人の場合は、40+8=48キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは76キロカロリーになります。
1時間歩くと152キロカロリーになります。
体重40キロの人は、普通に歩くよりも子供をおんぶして歩いた方が20キロカロリーも差が出ることになります。

体重50キロの人の場合は、50+8=58キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは91キロカロリーになります。
1時間歩くと182キロカロリーになります。

体重が60キロの人の場合は、60+8=68キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは107キロカロリーになります。
1時間歩くと214キロカロリーになります。

体重が70キロの人の場合は、70+8=78キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは123キロカロリーになります。
1時間歩くと246キロカロリーになります。

体重が80キロの人の場合は、80+8=88キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは139キロカロリーになります。
1時間歩くと278キロカロリーになります。

体重が90キロの人の場合は、90+8=98キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは154キロカロリーになります。
1時間歩くと308キロカロリーになります。

体重が100キロの人の場合は、100+8=108キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは170キロカロリーになります。
1時間歩くと340キロカロリーになります。

体重が110キロの人の場合は、110+8=118キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは186キロカロリーになります。
1時間歩くと372キロカロリーになります。

体重が120キロの人の場合は、120+8=128キロで計算します。
30分歩いた時の消費カロリーは202キロカロリーになります。
1時間歩くと404キロカロリーになります。

参考までに食品のカロリーを上げておきます。
消費カロリーとの比較に活用して見てください。

(1)100キロカロリーの食品
コロッケ(2個) 50キロカロリー
アイスクリーム(100g) 100キロカロリー
豆腐(木綿) 72キロカロリー

(2)100〜300キロカロリーの食品
牛乳(1杯) 100キロカロリー
グリーンサラダ(1皿) 150キロカロリー
エビフライ(1個) 210キロカロリー
カキフライ(1個) 270キロカロリー
豚の生姜焼き(1皿) 230キロカロリー
パン(1切れ) 237キロカロリー
ご飯(1杯) 168キロカロリー

(3)300〜500キロカロリーの食品
カツカレー 350キロカロリー
ロースカツ 400キロカロリー
ビーフジャーキー 315キロカロリー
ウインナー 321キロカロリー
ベーコン 405キロカロリー
サラミ 497キロカロリー

(4)500キロカロリー以上の食品
肉じゃが 600キロカロリー
餃子(7個) 560キロカロリー
春巻き(3個) 520キロカロリー
チャーハン 750キロカロリー
塩ラーメン 500キロカロリー
味噌ラーメン 560キロカロリー
とんかつ定食 910キロカロリー
唐揚げ定食 1132キロカロリー

②子供が大きくなるにつれておんぶが筋トレがわりになる

8キロの子供をおんぶして歩くことで、普通に歩くよりもさらに消費カロリーを上げることができます。
体重が重い人ほど、消費カロリーがグッと上がります。
子供の面倒を見ながら楽しく消費カロリーを上げられれば、2倍得しますね。
子供が大きくなり、たいじゅうが体重が増えればその分負荷が増えるので、さらに消費カロリーを増やすことができます。
消費カロリーも増えますし、足腰や腕の筋トレにもなります。

子供の体重が15キロぐらいまでなら、おんぶして歩くのにちょうど良い重さだと思います。
あんまり重くなると、自分の体がつらくなり、疲れが次の日にたまってしまったり体にこたえてくる可能性があります。ひざや腰を痛める可能性がかなり高いので、子供の体重が自分が楽におんぶできる範囲で歩くのをオススメします。
無理にずっとおんぶして歩くのもやめましょう。無理しない程度でいいと思います。

子供が歩ける場合は、一緒に歩いて少し休憩を入れてまたおんぶして歩き始める。一緒に歩くのとおんぶを交互にして歩くのも消費カロリーを上げることができると思います。
子供も一緒に歩いたり、おんぶしてもらったりと歩くことに変化をつけることで喜んでくれると思います。親も子供もお互いに気分転換になり、リフレッシュ効果にもなると思います。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)