ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

甘い誘惑・・・食べすぎていませんか?間食チェックで健康的なおやつタイムに

約 1 分
甘い誘惑・・・食べすぎていませんか?間食チェックで健康的なおやつタイムに

仕事や家事の合間、またリラックスタイムにおやつを食べる方も多いはず。チョコレート、クッキー、アイスクリームなどなど、たくさんのおいしいおやつがありますよね。でも、そのおやつに依存してしまう人が増えているんです。ちょっとのお楽しみ程度ならよいのですが、依存してしまうと身体にたくさんのリスクが出てきます。みなさんはだいじょうぶですか?

間食依存していませんか?まずはチェック

□甘いものには目がない

□食べることが一番の楽しみである

□家におやつを常備している

□カバンの中に常におやつが入っている

□喫茶店やカフェでお茶をするのが好き

□コンビニでお菓子の新商品チェックは欠かさない

□朝ごはんを抜くことが多い

□小腹がすいたらすぐにおやつを食べる

□食欲をなかなか抑えられない

□甘いものは別腹である

□炭酸飲料をよく飲んでいる

いかがでしょうか。当てはまる項目が多いほど間食の依存度は高くなります。ついつい手が伸びてしまうおやつですが、度を越してしまうと肥満や病気のリスクも高まります。まずは、自分の依存度を知ることが大切です。

間食するときの注意点

間食するときに気をつけるべきことがあります。依存しないようにするためにぜひ守っていただきたい三箇条です。

①食べる時間

食べた後にカロリーを消費する必要があるので、間食するなら午前中か遅くても夕方4時頃までにしましょう。夜に間食してしまうと体を動かさないため食べたぶんを消費することができなくなります。脂肪を溜め込んでしまいますので気をつけましょう。

②食べる量

1日の間食の摂取カロリーの目安は200kcalといわれています。成人女性の1日の摂取カロリーのおよそ10%です。同じカロリーでも栄養価の高いものを選ぶとよいでしょう。また、間食の際には大袋のお菓子を買うのは避けましょう。食べ過ぎ防止になります。

③バランスを考える

食事とのバランスを考え、不足してしまいがちなものを補える間食が理想です。ビタミンならフルーツ、カルシウムならチーズなど、栄養価の高いものを選びましょう。

ぜひ摂りたい間食はこれ

①ドライフルーツ

ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富なドライフルーツはおやつにピッタリです。よく噛むことで満腹感も得得られます。

②ナッツ

美容のために食べている方も多いほどナッツ。ビタミン・ミネラルが豊富です。最も栄養価が高いクルミやアーモンドかおすすめ。選ぶときは植物油や塩が無添加のものにしましょう。

③さつまいも

食物繊維が豊富なさつまいもは便秘解消の強い味方ですよね。甘さもありお腹も満たされます。

④乳製品

食事では摂りにくいカルシウムはおやつで摂取しましょう。ヨーグルトやチーズなどがよいですね。また、牛乳は満腹感も得られるので次の食事でのドカ食いを防ぐ効果もありります。

⑤シリアル

朝食に人気のシリアルですが、小腹がすいたときにもおすすめです。食物繊維が豊富なので便秘解消や、ダイエット時に不足しがちなビタミン・ミネラルを摂取することができます。

まとめ

間食は正しく食べれば、心も身体も満たしてくれる優れものです。食べ過ぎと食べる時間に注意、そして栄養価の高い物を選ぶことで楽しいおやつタイムにしたいですね。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)