ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

食事だけではダメ!糖質制限の落とし穴!飲み物での摂取量チェック

約 1 分

最近、糖質制限をするダイエットが話題となっていますよね。お米やパン、麺類、甘いものなどを制限するイメージですが、要注意なのが飲み物なんです。喉を潤すためになにげなく飲んでいる飲み物にも、実はたくさんの糖質が含まれているんです。どんな飲み物、どんな飲み方が落とし穴となるのかチェックしてみましょう。

糖質摂取量チェック-飲み物編-

飲み物から摂取している糖質量をチェックします。当てはまる項目はいくつあるでしょうか。

□普段からジュースやスポーツドリンクをよく飲んでいる

□朝食代わりにコーヒーや野菜ジュースなどを飲むことがある

□飲み物を摂り過ぎてお腹がいっぱいになることがある

□冷蔵庫の中にジュースがストックしてある

□緑茶や麦茶より炭酸飲料やジュースが好き

□お酒は日本酒やビールよりサワーやカクテルをよく飲む

□仕事帰りに居酒屋などへよく立ち寄る

□ペットボトルのジュース類を1日に1〜2本あけることがある

どうでしょうか。当てはまる数が多いほど糖質を摂り過ぎている可能性が高いです。飲み物だとカロリーや糖質などをあまり気にしない傾向にあるのですが、うっかりしていると糖質の過剰摂取にもつながります。少し自分の飲み方を見直してみましょう。

飲み物での糖質摂取は注意が必要?

糖質制限ダイエットでの盲点となる飲み物。思っている以上に糖質を含んでいるんです。甘いジュースはもちろんですが、スポーツドリンクや野菜ジュースもそうです。糖質の量が多い点も要注意なのですが、そのほかにも理由があります。それは、吸収スピードの早さです。固形のものに比べると、液体の方が吸収スピードが早く、吸収される効率も高いのです。身体に必要な栄養素ならば吸収率の高い方が嬉しいですが、糖質に関しては吸収率の高さはデメリットになります。同じ量の糖質を含む食べ物と飲み物を比べると、飲み物の方がしっかりと体に吸収されてしまうので飲み物が盲点というのはこのことからなんです。糖質を制限したいなら食べるものだけではなく、飲み物にも注意をしましょう。

糖質の多い・少ない飲み物は?

では、糖質が多く含まれている飲み物をみていきましょう。100gあたりに含まれる糖質の量を表しました。

コーラ  10.2g

オレンジジュース  10.5g

野菜ジュース  13g

カフェ・オレ  6g

健康なら良さそうという理由で飲むことが多い野菜ジュースが意外と多いことがわかりますね。朝食な毎朝飲んだりするのは注意が必要です。逆に少ない飲み物は以下の通りです。

麦茶・緑茶・無糖紅茶・無調整豆乳・無糖コーヒー

これらの飲み物は糖質を含まない、または少ない飲み物です。喉が渇いたりしたらなるべく上記の物を飲むようにしましょう。

清涼飲料水にはたくさんの糖質が含まれており、ダイエットにも健康にもよくありません。どうしても飲みたい!といういときにほんの少しお楽しみ程度にするとよいですね。

まとめ

糖質制限の意外な落とし穴、飲み物をご紹介しました。日頃から意識して飲み物を選ぶことで、糖質の取り過ぎを防ぐことができます。普段なにげに飲んでいる飲み物を改めてチェックすることで、見直しをしてみてくださいね。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)