ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

縄文時代にタイムスリップできる!?縄文時代の遺跡が眠る竪穴式住居や縄文時代の文化を堪能できるイベントが満載!

約 1 分
縄文時代にタイムスリップできる!?縄文時代の遺跡が眠る竪穴式住居や縄文時代の文化を堪能できるイベントが満載!

御所野縄文公園は、岩手県二戸郡一戸町に位置し、縄文時代の集落跡として知られる御所野遺跡を整備することで、縄文中期のムラを復元した史跡公園です。御所野遺跡では、7.5ヘクタールに及ぶ、ほぼ全面にわたって、800棟あまりの竪穴式住居が見つかっており、平成5年に国指定の遺跡になりました。公園内では竪穴式住居やストーンサークル・掘立柱建物・土屋根住居など、4,000~4,500年前の縄文時代の集落が再現されています。公園内の「御所野縄文博物館」では、御所野遺跡から出土した遺物が展示されているほか、150インチの大スクリーンに映し出される映像により、縄文人の一年を体感できます。館内の体験工房では、土器づくりや勾玉づくり、岩板のお守りづくりや樹皮編みによるアクセサリーづくりなど、縄文時代の生活を体験することができます。別に縄文体験施設もあり、縄文土器作りや縄文時代の食事を作って体験するなど、縄文人になりきっていろいろな体験ができるように工夫されています。縄文時代を彷彿とさせる「縄文の森」もあり、五感を通じて縄文時代にふれられる公園になっています。駐車場と公園を結ぶ木製歩道橋「きききのつり橋」は、支柱一本に支えられて曲線を描く世界でも珍しい吊り橋です。アートとしても優れており、財団法人日本産業デザイン振興会の建築・デザイン部門/環境デザインのグッドデザイン賞を受賞しています。

御所野縄文公園の基本データ

・住所: 岩手県二戸郡一戸町岩舘字御所野2
・入園料: 入園自由 (有料展示室は大人300円、高校・大学生200円、小・中学生150円)
・営業時間: 9:00~17:00
・定休日: 毎週月曜日、祝日の翌日、年末年始
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】IGRいわて銀河鉄道いわて銀河鉄道線 一戸駅から車で5分(タクシー利用者は、タクシーの領収書を受付に渡すことで、助成金あり) / JR東北新幹線 二戸駅から15分
【マイカーをご利用の場合】八戸自動車道:一戸ICから国道4号線を盛岡方面へ5分
・駐車場の有無: あり / 105台(無料)
・問い合わせ先: 御所野縄文公園(電話:0195-32-2652)

御所野縄文公園の御所野遺跡

御所野遺跡は、平成元年から発掘調査を開始しました。その結果、中央の広場にストーンサークルを伴う墓地が造られ、それを囲むように竪穴建物跡・掘立柱建物跡・祭祀に伴う盛土遺構などがおかれ、さらにその外側の東・西にも竪穴建物跡が密集するという集落構造が明らかになりました。これは、縄文の人々が長期間にわたって安定した定住生活を送ったことを示す物証とされています。まつりの場からは、焼いてくだいた動物や魚の骨や焼けた木の実などが発見されていることから、当時からすでに、火を使用した「送り」などの祭祀が行われていたと推定されています。現在、御所野遺跡は、世界遺産への登録を目指しています。

御所野縄文公園でウォーキングをする魅力

御所野縄文公園でウォーキングするには、まずはじめに「きききのつり橋」を渡ります。この橋は一般的な「吊り橋」のイメージとは、かなりかけ離れていて、近未来を感じさせるデザインになっています。現代から縄文時代へとタイムスリップするにふさわしい橋です。公園に入ったなら、反時計回りに進むとよいでしょう。先に博物館を見学してから、縄文の村をウォーキングして巡ります。竪穴式住居やストーンサークルなどが四千年前のままに眼前に現れると、つい興奮してしまいます。気の遠くなるような長い年月を経て、縄文と現代がつながったような感覚に陥ります。竪穴式住居から今すぐに、縄文人が出てきたとしても、違和感はないでしょう。縄文の空気を思い切り堪能しながら公園内を一周すると、「縄文の森」のエリアに到達します。ここでは縄文の村人たちが歩いたであろう森のなかを、ウォーキングできます。クリやコナラなどの樹林のなかを歩いていると、縄文人の声が聞こえてくる気がします。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)