ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

様々な種類の可愛いアジサイやユリが楽しめるみちのくあじさい園!美しい花や自然に触れあえる大人気のスポット!営業情報を紹介!

約 1 分
様々な種類の可愛いアジサイやユリが楽しめるみちのくあじさい園!美しい花や自然に触れあえる大人気のスポット!営業情報を紹介!

みちのくあじさい園は、岩手県一関市に位置する、自然のなかにある公園です。6月下旬から7月上旬の間、東京ドーム3個分の杉林のなかに、300種・30,000株が咲き誇る、東日本最大級のあじさい園です。杉林にあじさいを植栽しているのは、日本ではこの公園だけです。杉林は湿度が保たれているため、湿気を好むアジサイには最適な環境になるそうです。公園内には、およそ2kmにわたり、杉林に囲まれた散策路があります。散策路を行けば、杉林を背景に両側に所狭しと多種多彩なあじさいが咲き誇り、幻想的な景観を醸し出しています。杉林とあじさいのコラボレーションは、たとえて言えばジブリ映画に出てくるワンシーンのような美しさに満ちています。濃いブルーの花を咲かせるヤマアジサイを中心に、清楚に咲く真っ白な西洋アジサイや、黒姫・シチダンカ・クレナイ・エゾアジサイなど、普段は目にすることのない珍しいあじさいまでが、杉林一面に咲き競う様は、素晴らしいの一言に尽きます。まさに杉とあじさいの桃源郷です。足の不自由な方や、歩くのは疲れるという方向けに、有料カートも用意されているため、安心です。混み合うとカートが足りない場合もあるため、事前に予約をしておいた方が無難です。公園内には、珍しい品種の紫陽花を集めた「山本コレクションコーナー」があるほか、喫茶「蔵」やお食事処「紫陽花山荘」、ラーメンやかき氷が食べられる売店「一休」があり、食事や休憩にも困りません。みちのくあじさい園はあじさいの咲く季節だけ開園され、季節が終わると閉園されます。あじさいに埋め尽くされた世界は、初夏の間だけしか見られない幻なのかもしれません。

みちのくあじさい園の基本データ

・住所: 岩手県一関市舞川字原沢111
・入園料: 大人800円、こども400円 / カート料金おひとり300円
・営業時間: 6月下旬~7月下旬 9:00~17:00(入場は16:30迄) / 土日祝は7:30開園
・定休日: 期間中は定休日なし
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】JR一関駅から車で20分 / JR一関駅から徒歩で15分
【マイカーをご利用の場合】東北自動車道一関ICから車で約30分
・駐車場の有無: あり / 190台(無料)
・問い合わせ先: 期間中は、みちのくあじさい園(電話:0191-28-2349) / 閉園時は一関観光協会(電話:0191-23-2350)

みちのくあじさい園のイベント情報

7月頃、「みちのくあじさいまつり」が開催されます。
期間中は舞川小鶏舞や琴の演奏が催されます。

みちのくあじさい園の珍しいあじさい

みちのくあじさい園には、全国的にも珍しいあじさいが数多く栽培されています。
● 幻のアジサイ 七段花
ヤマアジサイのひとつです。幕末の頃にオランダから来日したドイツ人医師シーボルトがまとめた「日本植物誌」にスケッチで記録されていたシチダンカという名のあじさいですが、その後、日本では誰も見た人がなく、ずっと「幻の名花」とされてきました。すでに絶滅したのだろうと考えられていた折、1959(昭和39)年、六甲山小学校職員が六甲ケーブル沿いで偶然発見し、その存在が実に130年ぶりに確認されました。七段花は、どことなく気品ある風情を感じさせる花をつけます。

● カメレオン
ピンクからグリーン(青の場合も)、最後は赤へと変化する不思議なあじさいです。

● 清澄沢紫陽花(キヨスミサワアジサイ)
清澄山で発見されたため、この名がついています。変異に富んだ種で、花色は多彩、一重・半八重・八重があります。花びらにピンクの縁取り
が入っています。清澄沢紫陽花はその後、ハイドランジアと交配され、特徴である覆輪の形質が導入された品種が、たくさん生まれています。

みちのくあじさい園でウォーキングをする魅力

みちのくあじさい園でウォーキングするには、3つの周遊コースが用意されているため、好きなコースをたどってみるとよいでしょう。分岐がわかりにくいため、多少迷うかもしれません。時間が許せば、全コースを歩いてみても面白いでしょう。あじさいをゆっくり見て回れば、ひとつの周遊コースで1~2時間はかかります。杉とあじさいのあまりの美しさに、ついバシャバシャと携帯をかざしてしまいますが、撮影をしながら歩いていると案外時間が経ちますので、ご注意を! 樹間の風はひんやりと澄みきっており、まさに花の森林浴を楽しめます。マイナスイオンに包まれた杉林のなかを、色とりどりのあじさいに囲まれて歩くだけで、深い癒やしを得られます。現実にはあるはずもない、ジブリの森のなかを歩いているような気分になりますよ。現実離れした幻想的な世界にひたれます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)