ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

岩手県でパラグライダーやハングライダーが楽しめる室根山スカイスポーツ大会が今大人気!

約 1 分
岩手県でパラグライダーやハングライダーが楽しめる室根山スカイスポーツ大会が今大人気!

蟻塚公園は、室根山の登山口である3合目に開けた公園です。桜の名所としても知られ、毎年、室根山の山開きと併せて、「蟻塚公園桜まつり」が行われています。200本のソメイヨシノは、4月下旬からゴールデンウィークに見頃を迎え、登山の途中では、ピンクに染まる桜のトンネルが出迎えてくれます。上方にある貯水池からは小さなせせらぎが聞こえ、柔らかく咲く桜とともに、心地よさに包まれます。桜の他にも5月下旬から6月中旬にかけてツツジ、5月中旬から6月中旬にはスズランを楽しめます。室根山の頂上まで登れば、奥羽山脈と太平洋を一望できる360度大パノラマの素晴らしい景観を眺望できます。頂上までは、登山道を行かなくても車で行けます。頂上付近で盛んに行われているのがパラグライダーやハングライダーです。室根山の適度な高度差と強い上昇気流が、空のスポーツに適しているようです。「MAPSパラグライダースクール」も常設されています。また、毎年5月には山頂において、「室根山スカイスポーツ大会」が開催され、全国から多くの大空愛好家が集います。蟻塚公園の周辺には、さまざまな施設があります。施設が充実した「望洋平キャンプ場」、本格的な天体観測ができる「きらら室根山天文台」、150インチ大型ハイビジョンを備え、室根山周辺の自然を学べる施設である「ふるさと自然公園センター」など、春夏秋のスリーシーズンであれば、いつでも楽しめる公園です。

蟻塚公園の基本データ

・住所: 岩手県一関市室根町折壁室根山1-157
・入園料: 無料
・営業時間: 終日開放
・定休日: なし
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】折壁駅から車で10分 / 折壁駅から徒歩で30分
【マイカーをご利用の場合】東北道一関ICから国道284号経由約50分
・駐車場の有無: あり / 30台(無料)
・問い合わせ先: 一関市室根支所 産業経済課会(電話:0191-64-2111)

蟻塚公園のイベント情報

桜の開花に合わせて4月下旬から5月上旬にかけて、「蟻塚公園さくらまつり」が開催されます。
郷土芸能発表会なども催されます。

蟻塚公園のある室根山の山開き

通年、室根山の山開きは岩手県内で一番早い山開きです。山開きには登山愛好家や地元の自然愛護少年団など、多くの登山者が参加し、テープカットのあと、一斉に登山が行われます。途中、8合目の室根神社で安全祈願祭をとりおこない、山頂に到達すると、奥羽山脈と気仙沼湾を眼下に、万歳三唱が行われます。「蟻塚公園桜まつり」も同時に開催されます。

蟻塚公園でウォーキングをする魅力

蟻塚公園でウォーキングするには、室根山山頂を目指して登山道を進むに限ります。ウォーカーを自認する以上、車で頂上まで一気に駆け上がるのは邪道です。「室根神社参道入口」と書かれている杭からスタートです。ここから室根神社までは2.7km、山頂までは3.5km、標高差は520mです。ここの登山道の特徴はうだうだと蛇行せずに、びしっと直線に坂が延びていることです。実に男らしい坂道ですが、どこまで行っても勾配のきつい坂道が永遠と続いている様は、ちょっと精神的にきついものがあります。山頂まで車で行けるため、舗装道路に横断される箇所が3つほどあります。登山道なのに舗装路を渡らないといけないのは、なにやら新鮮です。さすがに信号はありません。田植の壇と姫瀧に立ち寄りながら、室根神社にたどり着きます。ここまででかなり疲れ果てていますが、4年に一度の室根神社特別大祭では、いま登ってきた急坂を、2つの御輿を担いで一気に駆け下る競争が行われるとか! 見てみたいものです。神社からは山頂へ続く階段を上っていきます。汗を拭きふき、ようやく山頂にたどりつきます。ここまでで2時間弱です。苦労して自力で登りきった頂上からの眺めは、車でサッと頂上まで上って見下ろす眺めとは、おおいに異なります。たぶん・・・。矢越山・気仙沼・大島・六角牛山・片羽山・愛染山・五葉山・氷上山と、360度見渡す限りの山々や海が見渡せると、感慨深いものがこみ上げてきます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)