ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

難民の支援のためのウォーキングイベント!収益はすべて難民支援へ『チャリティラン&ウォークDANDANRUN』

約 1 分
難民の支援のためのウォーキングイベント!収益はすべて難民支援へ『チャリティラン&ウォークDANDANRUN』

チャリティラン&ウォークDANDANRUN

シリアなど中東、アフリカ、アジアなどの人権侵害や紛争から、日本にも多くの難民が逃れて来ています。故郷で失った仕事、家、家族、平和な日常など、「当たり前」の生活を日本で取り戻すまでには、多くの困難を乗り越えなければなりません。この大会はこれら難民の支援のためのチャリティラン&ウォークです。この大会の収益は、難民が日本で一歩を踏み出すために必要な支援に使われます。日本における難民について、楽しみながら知っていただけるようなプログラムとなっております。皇居一周を走ったり歩いたりするほんの少しの間だけでも、日本に住んでいる難民のことに想いを馳せてみましょう。コースはランが皇居の外周を走る5kmと10kmがあり、ウォークは東御苑内も楽しめる5
kmがあります。

チャリティラン&ウォークDANDANRUNの詳細

開催日 5月
開催場所  東京都千代田区 皇居
郵便番号 160-0004
事務局 東京都新宿区四谷1-7-10 第三鹿倉ビル6階
認定NPO法人難民支援協会・チャリティラン&ウォーク実行委員会
電話番号 03-5379-6001
FAX番号 03-5379-6002
問い合わせ先 mailto…

WEBサイト http://refugees.jp/dandanrun2016

コースの特徴 皇居の外周で都心の風景を楽しめます。
ウォークは東御苑内も楽しめるコースです。
ウォークは当日グループ分けをしますが、同一グループをご希望の場合は所属先を同じくしていただくか、当日お申し出ください。
受付場所 日比谷公園健康広場
受付時間(当日) [ウォーク]8:30
[ラン]9:30
制限時間・関門 [5Kmウォーク]2時間
[5Kmラン]1時間30分
[10Kmラン]1時間30分
給水 2カ所・2km、5km地点
参加賞 あり(内容は乞うご期待)
抽選会 あり(内容は乞うご期待)
交通案内 (電車)地下鉄有楽町線・桜田門駅3番出口より3分
JR線・有楽町駅より10分
日比谷線・日比谷駅または丸ノ内線・霞が関駅より徒歩5分
https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/map037.html

1.雨天決行致します。
2.参加者は万全な健康管理のもとに参加して下さい。ご参加の皆様は傷害保険に加入しておりますが、(参加費に傷害保険料も含まれております)万が一事故が発生した場合、主催者は、傷害保険に加入している範囲内、及び応急処置以外の責任は負えませんのでご了承下さい。
3.紛失等に対しても、主催者は一切の責任を負いません。
4.自己都合による申し込み後の種目・参加者の変更、キャンセルはできません。
5.地震、風水害、降雪、事件、事故、疾病など不測の事態で大会が中止になる場合の参加費の返却、並びに過剰・重複入金の返金はいたしません。
6.係員の指示に従わない場合、大会参加を中止していただくことがあります。その場合にも、返金等はいたしません。
7.大会出場中の映像、写真、記事、記録などのテレビ、新聞、雑誌、インターネット等への掲載権は主催者に属します。
8.主催者は、個人情報の重要性を認識し、個人情報の保護に関する法律及び関連法令等を遵守し、主催者の個人情報保護方針に基づき、個人情報を取り扱います。今回、お申し込みで取得する個人情報は、本イベント運営ならびに今後の催事ご案内等の為に使用します。
参加通知書について 参加通知書は、大会事務局より大会開催1週間から10日前ごろ発送予定です。

チャリティラン&ウォークDANDANRUNのまとめ

この大会のタイトルの中のDANDANRUNというのは、2014年2月の初企画時に、 難民に「暖かい冬を届けよう」という想いをこめて「暖暖走(DAN DAN RUN)」と名づけられました。チャリティやボランティアについては、時々やりすぎや目立ちすぎで、「偽善だ」という非難の声も聞こえますが、この大会のように、参加する人たちも「自ら楽しむ」ということであれば、このような危惧の念も解消されると思われます。また、日本の中心の東京、その又中心の皇居のまわりで行われるというのも、国際的な感覚を重視している、まさに海外からの難民救済の趣旨にまったく相応しているものと言えるのではないでしょうか。もちろん直接の募金という形式ではなく、収益を救済資金へ還元するというように、知らず知らずのうちに募金をしているというのも、一種の隠匿と言え、参加者には気の置けないものとなっております。走ったあと、また歩いたあとの清々しい気持ち良さはまさに格別のものとなることでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)