ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

舘野公園 たくさんの白鳥が飛来する公園

約 1 分
舘野公園 たくさんの白鳥が飛来する公園

舘野公園は、さつき沼を中心にする広さ18ヘクタールの自然公園です。さつき沼では鯉やヘラブナ釣りが楽しめ、釣りの愛好家が多く訪れています。冬にはたくさんの白鳥が、さつき沼に飛来して来ます。舘野公園は白鳥の観察ポイントとしても、とても有名です。さつき沼から白鳥が飛び去ると、山桜を中心に染井吉野など1500本の桜が開花し、春の訪れを告げるように、公園内をピンク色に染め上げます。主役はあくまで山桜です。華やかな染井吉野と異なり、山桜はほんのりとピンクに色づいた可憐な花びらをつけます。桜の期間中、さつき沼の上には鯉のぼりが吊され、畔で咲き誇る山桜に囲まれるなかを悠々と空に舞い上がります。水面にも鯉のぼりが浮かべられており、強風が吹くと、ほんとうに泳ぎはじめます。遠くに残雪の八甲田の峰々が連なるなか、空に舞う鯉のぼりと、水面を泳ぐ鯉のぼり、そして満開の桜と、舘野公園ならではの光景を楽しめます。

舘野公園の基本データ

・住所: 青森県上北郡六戸町大字犬落瀬字柴山地内
・入園料: 無料
・営業時間: 終日開放
・定休日: なし
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】青い森鉄道三沢駅から十和田観光電鉄バス六戸行きで15分、公園前下車すぐ 【マイカーをご利用の場合】 八戸自動車道下田・百石ICから15分
・駐車場の有無: あり / 300台(無料)
・問い合わせ先: 六戸町観光協会(電話:0176-55-3111)

舘野公園のイベント情報

山桜やソメイヨシノが見ごろを迎える頃に「ろくのへ春まつり」が開催されます。

舘野公園の白鳥

春には桜、秋には紅葉が美しいさつき沼ですが、冬の主役は白鳥です。冬にさつき沼を訪れれば、空から飛来する白鳥の姿を、かなりの確率で見ることができます。飛来する瞬間は無理でも、何十羽もの白鳥が優雅に泳いでいる様は、確実に眺めることができます。遠くにいる白鳥の群れを間近で見るために、こちらから近づいていく必要はありません。沼の畔に佇めば、白鳥の方からいっせいに寄ってきます。遠くから見ると優雅に見える白鳥ですが、接近してくると身体も大きく、なかなか迫力があります。白鳥の目当ては、もちろん餌です。人が来ると餌をくれるという学習をしているため、白鳥は平気で近寄ってきます。ここで餌をもっていないと、白鳥が寂しそうにうなだれるように見えてしまいます。それでも餌を期待して、白鳥はなかなか離れようとはしません。可哀想にも思えてしまいますが、本来野鳥である白鳥への餌やりは、けして白鳥のためにはなりません。生態系の破壊につながるため、心を鬼にして、餌やりはこらえましょう。

舘野公園でウォーキングをする魅力

舘野公園でウォーキングするには、広い公園内を思いのままに散策するとよいでしょう。外周の歩道をぐるりと回ることもでき、30分ほどで1周できます。さつき沼の周辺は自然も豊かで、澄み切った水面を見ながらウォーキングするだけで、心が癒やされます。季節に応じて、多くの水鳥を見かけることができます。日光浴のためか、陸地に上がってくる水鳥もいて、心が和みます。春であれば、見事な桜景色のなかを散策できます。空を舞う鯉のぼりと桜の組み合わせは、東北ではよく見かける光景ですが、さつき沼の湖上に浮かぶ鯉のぼりが、風をはらんで水面を泳ぐ姿は他では見かけることのできない光景です。強風が吹き抜けると、畔に咲き乱れる山桜の可憐な花びらが、数え切れないほど水面に舞い落ち、桜吹雪のなかを鯉のぼりが泳いで行きます。その美しくも不思議な光景に、しばし足を止めて、息を詰めて見入るばかりです。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)