ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

早掛沼公園 黄緑色の御衣黄が咲く桜の名所

約 1 分
早掛沼公園 黄緑色の御衣黄が咲く桜の名所

早掛沼公園は、早掛沼を中心に天然の地形を活かして整備された伸びやかな公園です。早掛沼は元々は田んぼの溜め池でした。今では、早掛沼のほとりに樹木や水草があふれ、美しい景観を見せています。早掛沼公園は、「東北・夢の桜街道 桜の札所・八十八ヵ所巡り」の83番札所に指定されており、桜の名所としても有名です。公園内にはソメイヨシノを中心に、ヤエザクラや御衣黄など、16種類約380本の桜があり、春の訪れを告げるかのように華麗に咲き競います。ことに御衣黄(ぎょいこう)は有名で、ピンクではなく、黄緑色の花を咲かせる珍しい品種です。御衣黄はソメイヨシノより1週間ほど遅れ、ヤエザクラと同じ頃に開花します。桜の他にも、500株のチューリップや400株のツツジ、楓などが植えられており、春から秋の紅葉まで、季節ごとに色とりどりの花々が出迎えてくれます。早掛沼ではボート遊びもできます。クジャク園やウサギ園も、こどもたちに大人気です。公園の隣には、オートキャンプ場も整備されています。生活用具一式が揃っているケビンハウスや、電源設備の整ったオートキャンプサイトなどの施設があり、日帰り利用もできます。

早掛沼公園の基本データ

・住所: 青森県むつ市大字田名部字小平舘ノ内尻釜35-36
・入園料: 無料
・営業時間: 終日開放
・定休日: なし
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】JR下北駅から車で15分 / むつバスターミナルより下北交通バス大畑方面行きで約10分、早掛沼公園前下車、徒歩約10分
【マイカーをご利用の場合】青森道青森東ICから国道4・279号経由100km 2時間
・駐車場の有無: あり/約400台(無料)
・問い合わせ先: むつ市商工観光課(電話:0175-22-1111)

早掛沼公園のイベント情報

4月下旬から5月上旬まで、「むつ桜まつり」が「水源池公園」とともに開催されます。

早掛沼公園の御衣黄(ぎょいこう)

桜といえばピンク色の花びらをつけるものと思いがちですが、実はそうではない桜の品種もあります。御衣黄の花びらは、鮮やかな黄緑色です。黄緑色になるのは、葉緑体のためです。ウコンも緑に近い花びらをつける桜として知られていますが、葉緑体の量が少ないため、若干緑がかるものの、薄い淡黄色になります。しかし御衣黄は、葉緑体が豊かに含まれているため、鮮やかすぎるほどの黄緑色の花びらをつけます。御衣黄は沖縄をのぞく日本各地で見られますが、花びらの大きさやその色合いは各地によって異なります。早掛沼公園の御衣黄は、開花時は目に映える黄緑色を放ち、日にちが経つにつれて白色へと移ろっていきます。黄緑色の御衣黄を見たければ、開花時に足を運んだ方がよいでしょう。

早掛沼公園でウォーキングをする魅力

早掛沼公園でウォーキングするには、公園の外周を中心に巡ってみるとよいでしょう。早掛沼公園は、早掛沼のなかに飛び出た岬のような形をしています。そのため、公園の外周を回れば、どこからでも早掛沼を目にすることができます。場所によっては、対岸にあるキャンプ場のケビンハウスや釜臥山が水面に映り込み、幻想的な雰囲気にひたれます。季節は春が一番です。タイミングが合えば、薄桃色に染まる八重桜と黄緑色の不思議な花びらをつける御衣黄、そしてチューリップなどがいっせいに咲き競う様を、見ることができます。早掛沼の湖面に映り込んでは揺らぐ桜の美しさを、ぜひ体験してください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)