誰でもどこでも簡単に始められるウォーキングのメリット

約 1 分
誰でもどこでも簡単に始められるウォーキングのメリット

ウォーキングは体に負担が少ない運動で、性別・年齢問わず誰にでも簡単に出来ます。

体を動かす時間が無い方は、日常生活の中で歩くことを意識するだけでも運動不足に役立つのです。

ウォーキングがもたらす5つのメリットをご紹介します。

生活習慣病の予防

糖尿病、高血圧、高脂血症といった生活習慣病の原因には、肥満が挙げられます。

肥満には皮下脂肪と内臓脂肪の2つのタイプがあるのですが、生活習慣病と関りがあるのが内臓脂肪なのです。

運動不足や食習慣が影響して、脂肪が過剰に蓄積されて肥満になり、さまざまな病気の原因となります。

内臓脂肪を減らすには有酸素運動が有効であり、有酸素運動の中でもウォーキングは運動不足の方には負担が少ないので最適なのです。

ダイエットに最適

ランニングもウォーキングも有酸素運動になるのですが、ウォーキングの方が体への負担が少ない上にダイエット効果があります。

体全体の中でも特に足、腹部、肩甲骨周りの部分の引き締めるには最適と言っても良いでしょう。

足には筋力が付きますが、筋肉で太くなるようなことは無く、一層引き締まります。

また、お腹周りに付いてしまった脂肪を燃焼させるので、ウエストを絞ることも可能です。

背中や肩甲骨周り、二の腕の脂肪を落とすには、ウォーキング中に腕をしっかりと振ることを意識しましょう。

負荷が軽い分すぐには効果は表れませんが、朝や夜に時間を確保して、毎日続けることが大切です。

基礎代謝量を増やす

基礎代謝とは、生命を維持する為の活動に必要なエネルギーのことを指しています。

性別、年齢、個人により異なりますが、一日に一般的な成人男性で約1500kcal、成人女性で約1200kcalが必要です。

基礎代謝量は、加齢が進むと共に徐々に低下し、筋肉が減るにつれて太りやすい体質になります。

ウォーキングで基礎代謝を上げるには、下半身の筋肉をよく動かすと効果的です。

また、新陳代謝が活発化しますから、体内に溜まった老廃物を排出するので、美容にも向いています。

血行改善とむくみの解消

体が不調なのは、血流が悪くなっていることが原因の一つに挙げられます。

血流には体中に酸素や栄養を供給する、免疫力を高める、体内の老廃物を回収するといった役割があり、この機能が低下していると体に異常を起こすのです。

ウォーキングには心肺機能を高める効果があり、血行を改善することが出来ます。

また、女性に多く見られるむくみは、血流が悪くなって水分が停滞すると起こる症状なのですが、ウォーキングで解消出来るので、日常生活で歩くことを意識しましょう。

体が不調なのは、血流が悪くなっていることが原因の一つに挙げられます。

血流には体中に酸素や栄養を供給する、免疫力を高める、体内の老廃物を回収するといった役割があり、この機能が低下していると体に異常を起こすのです。

ウォーキングには心肺機能を高める効果があり、血行を改善することが出来ます。

また、女性に多く見られるむくみは、血流が悪くなって水分が停滞すると起こる症状なのですが、ウォーキングで解消出来るので、日常生活で歩くことを意識しましょう。

脳の活性化とストレス解消

ウォーキングをすることで酸素が脳まで行き届き、気分をリフレッシュさせる効果があります。

脳に酸素を十分に含んだ血液が届くと、脳を活性化させますから、ウォーキングは認知症の予防にも最適です。

同時に、自律神経を整える効果があり、体がリラックスした状態になりますから、睡眠にも良い影響を与えて疲労回復につながります。

毎日の仕事の疲れ、人間関係のストレスなど原因はさまざまですが、休日には外でウォーキングをして気分転換を図り、日頃のストレスを発散させましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA