ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

「横浜を歩くならここ! 満喫度100%のおすすめウォーキングコース」 

約 1 分
「横浜を歩くならここ! 満喫度100%のおすすめウォーキングコース」 

横浜は東京から30分で行ける港と景色が楽しめる観光スポットです。また、元町・山手の
中華街やイギリス館など異国情緒あふれる街です。横浜の歴史は港から全てが始まり、横浜港から日本の近代化がスタートしています。ここでは、横浜のおすすめウォーキングコースを紹介しますが、やはり港と海岸は横浜の魅力としてはずせないポイントになっています。

1.みなとみらいには公園と観光スポットが終結!

横浜のウォーキングコースの特徴は、何と言っても景観の美しさです。中でもみなとみらい地区は各所に公園や観光スポットがあり、また道路や歩道が整備されていてイチオシのウォーキングコースです。この地域では横浜マラソン大会や世界トライアスロン大会などの大きなイベントも開催されています。

JR桜木町駅から赤レンガ倉庫館へ

スタートはJR桜木町駅か、みなとみらい線のみなとみらい駅のどちらからでも近いです。駅から汽車道を歩いていると横浜ランドマークタワーや帆船日本丸が見えてきます。
赤レンガ倉庫館へ向かう道は、海の上を歩いているようなお散歩コースとして有名で、横浜ならではの風景を堪能することができます。往復で約1時間くらいです。

赤レンガ倉庫館から山下公園へ

赤レンガ倉庫館内にはたくさんのショップが入っているので、中を覗いて見るのもいいと思います。そこからシーサイドコースを歩いて横浜港大桟橋国際旅客ターミナルへ立ち寄るのがおすすめです。これは、長さ430mの船の形をした巨大なターミナルで、海の上に突き出た公園のような施設です。ターミナルの屋上は大変広いので、港の景色を眺めながらウォーキングコースとして歩くことができます。そこを出て10分ほどシーサイドコースを歩くと山下公園に着きます。

山下公園から横浜スタジアムへ

山下公園は横浜を代表する公園でデートスポットとして有名です。東京湾がきれいに見えますし、横浜マリンタワー、氷川丸、赤い靴をはいていた女の子像なども眺めながらのウォーキングになります。公園内にはいたるところに花壇があり、春と秋はバラの開花の見どころシーズンです。山下公園に隣接しているのが海の見える丘公園ですが、ここからも横浜港の全景がきれいに見ることができます。おすすめは、山下公園から中華街を覗きながら横浜スタジアムまで歩くコースです。横浜スステジアム周辺は横浜公園になっていますので、ここも市民の散歩コースになっています。この周辺は、みなとみらい線の駅が近くにいくつかあるので、行き帰りはそちらを利用すると良いと思います。

2.見逃せない2つの公園コース

イチオシはみなとみらい地区ですが、時間があればおすすめしたいのは2つの公園コースです。

素敵な景観と歩きやすい新横浜公園コース

新横浜公園は、新横浜駅から横浜港方面へ徒歩10分くらいのところにあります。公園内には、サッカーJリーグの横浜マリノスの本拠地だった日産スタジアムがあります。公園内には、5kmのコースから1800m、2200m、940mと4つのコースがあり、ご自分の体力やその日のコンディションに合せてウォーキングすることができます。緑豊かな公園内を横浜港の潮風を感じながら歩くことができ多くの市民の憩いの場になっています。

高台にある根岸森林公園コース

根岸森林公園は、横浜の根岸台の丘の上に広がる雄大な公園です。日本初の競馬場の跡地から生まれた公園としても有名で横浜を代表する公園です。公園内には広大な芝生エリアがありますし、遊歩道や桜並木なども整備されており、特に桜は横浜でも見どころとなっています。この公園は高台にあるので、ウォーキングしながらみなとみらい地区を一望できますし、晴れた日は富士山も望むことができます。

3.まとめ

横浜のおすすめウォーキングコースを5つ紹介しました。みなとみらい地区は、おすすめコースにこだわらず、マップを持ってどこをどう歩いても楽しめること間違いなしです。新横浜公園からウォーキング30分ほどでみなとみらい地区にも行けます。また、電車を利用すると行動範囲も広まり、横浜のウォーキングを十分堪能することができます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)