ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

薄毛と肌荒れに悩んでいるあなたへ! ウォーキングで体質を改善する

約 1 分
薄毛と肌荒れに悩んでいるあなたへ! ウォーキングで体質を改善する

ダイエットのためにウォーキングを始める方はいますが、薄毛や肌荒れも一緒に改善できるとご存知でしたか?ウォーキングにはまさに一石二鳥の嬉しい効果があります。ここでは、ウォーキングの薄毛解消効果と肌荒れ防止効果をチェックします。どうぞ参考にされてより一層、ウォーキングのモチベーションを高めていって下さい。

1.ウォーキングと薄毛の関係をチェック!

多くの方が薄毛で悩んでいますが、原因は遺伝のせいと思い込んでいるのではないでしょうか?ところが意外にもそうとは限らないのです。チェックしてみましょう。

薄毛の原因をチェック

薄毛には様々な原因がありますが、主なものとして4つ考えられます。
①遺伝的な要素
男性ホルモンの中には、通称DHTと呼ばれる脱毛ホルモンが存在しています。この男性ホルモンを多く受け継いでしまうと薄毛が始まってしまいます。
②皮質分泌過剰
適度な皮脂は頭皮に潤いをもたらしますが、多すぎると毛穴を塞ぎ髪が抜けやすくなります。
③ストレスが影響
現代はストレス社会と言われていますが、ストレスが自律神経やホルモンバランスを崩し血流を悪化させます。その結果、毛根へ栄養が行かなくなり髪が育たなくなります。
④血行不良が影響
不規則な食事、運動不足、過度なダイエットなどにより、頭皮への血流が悪くなります。その結果、髪に栄養が行かなくなり薄毛になってしまいます。

ウォーキングは育毛効果を高める!

ウォーキングは次のように育毛効果を高めていきます。
①有酸素運動は酸素が体内に取り入れられる過程で血行が促進されていきます。その結果
頭皮や毛乳頭で細胞分裂が促進されて育毛効果が高まっていきます。
②血行が促進されると新陳代謝も促進されます。その結果、頭皮の皮脂や汚れがスムーズに排出され、髪が抜けにくくなります。
③髪の毛は睡眠中に伸びますが、ウォーキングによる適度な疲れは質の良い睡眠につながります。十分な睡眠とストレスの解消は育毛に効果があります。
④ウォーキングによる発汗は、脱毛ホルモンを体外に排出する働きがあります。

2. ウォーキングと肌荒れの関係をチェック!

ここ数年、ウォーキングやジョギング人気を支えているのは女性のみなさんです。また、ウォーキングを愛好している方にはモデルさんや芸能人の方もいます。まさに、ウォーキングを通して美しくなっている人たちです。

ウォーキングは肌に悪い?

屋外を歩くと紫外線で肌が焼けてしまう、そして活性酸素で肌が老化すると心配されている方がいます。紫外線対策はウォーキングに限らず、買い物や外出など日常生活の全てにおいて気をつけなければならないことです。

活性酸素は体内の細胞を酸化させてサビさせてしまいます。この活性酸素は激しい運動をすると増えてきます。しかし、ウォーキングのような有酸素運動は、活性酸素を除去してくれる酵素が増加するので逆に抗酸化力が高まっていきます。このように、ウォーキングは肌に悪いのではなく、アンチエイジング(老化防止)効果があるのです。

ウォーキングで美肌に!

抗酸化力によるアンチエイジング効果の促進だけでなく、ウォーキングには美肌を促進する要素がしっかり含まれています。それは、血流促進・発汗・睡眠の3つです。
①血流が良くなり新陳代謝が促進されることで、新しくきれいな肌細胞が誕生します。
②ニキビなどの吹き出物は毛穴が不潔になり発生します。ウォーキングによる発汗は毛穴の老廃物をきれいにしてくれます。
③適度な運動にはストレス解消効果があり質の良い睡眠につながっていきます。熟睡は成長ホルモンの分泌を促進し、若返りホルモンの働きで肌に潤いが出てきます。

3.まとめ

このように有酸素運動のウォーキングは、脂肪燃焼だけでなく、心肺機能の向上や新陳代謝の促進、血流改善など、さまざまな機能を向上させる働きがあります。緑の多い公園などを歩くと、森林浴の効果が体を優しく癒してくれます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)