ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

壮瞥公園 梅林越しに洞爺湖から羊蹄山を望める公園

約 1 分
壮瞥公園 梅林越しに洞爺湖から羊蹄山を望める公園

壮瞥(そうべつ)公園は、洞爺湖の南東側湖畔の高台にある8.6ヘクタールに渡る広大な公園です。頂上には展望台があり、洞爺湖周辺屈指のビューポイントとして知られています。洞爺湖はもちろん、その中央に浮かぶ中島、そして遠くに有珠山や昭和新山、ニセコ連峰と名峰羊蹄山を望むことができます。壮瞥公園は梅の名所としてもことに名高く、洞爺湖畔を見下ろす側の斜面には、約2万平米にわたって梅林が広がり、5月中旬頃には淡いピンク色の花をいっせいにほころばせます。約300本の豊後梅が咲き乱れる背景に、静寂に包まれた洞爺湖と、まだ残雪を冠した羊蹄山がくっきりと浮かび上がれば、この世のものとは思えない美しさに息を飲むばかりです。公園内には森と木の里センターがあり、こちらにも展望塔があります。展望塔からは洞爺湖の静かな景観を間近に眺めることができます。センター内の展望塔天体観測ドームでは、天体観測を楽しめます。

壮瞥公園の基本データ

・住所: 北海道有珠郡壮瞥町東湖畔
・入園料: 無料
・営業時間: 終日
・定休日: 12月上旬~4月下旬頃まで冬期閉鎖
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】伊達紋別駅から車で20分 / 洞爺湖温泉バスターミナルからバスで15分(室蘭駅前行きバス乗車、滝之上バス停下車後、徒歩500m)
【マイカーをご利用の場合】道央道伊達ICから道道519号経由18km25分
・駐車場の有無: あり / 15台(無料)
・問い合わせ先: 伊達市商工観光課 (電話: 0142-66-4200)

壮瞥公園の展望台までの車の乗り入れ

展望台までは車で入って行けますが、道幅が狭く、かなりの急坂を上るため、運転に自信がない方は避けた方が無難です。展望台の駐車場は狭く、15台しかスペースがないことにも注意してください。傾斜は勾配が20%ほどもあるため、自転車でもかなりきついでしょう。

壮瞥公園でウォーキングをする魅力

壮瞥公園をウォーキングするには、ゴールデンウィーク前後の梅が満開を迎える時期が最高です。淡い薄紅色に色づく梅林のなかを、木々の間から時折のぞく洞爺湖を見ながらたどれるのは、なんとも贅沢です。本格的にウォーキングを楽しむのであれば、壮瞥道の駅を基点とした「壮瞥公園と果樹園コース」をたどることをおすすめします。国道453号線から壮瞥滝を目指し、交差点から壮瞥川沿いの遊歩道を進むコースです。高さ18mの「壮瞥滝」の迫力はすさまじく、うっそうと茂る森のなかは神秘的な荘厳さに包まれています。滝から戻って、瀧不動尊のお寺の境内を抜けると、石仏群が迎えてくれます。その奥から急斜面を縫うように参詣道が続きます。やがて壮瞥公園の展望台へとたどり着き、「洞爺湖畔三十三観音」の一つである「不動36童子」のお堂へ出ます。洞爺湖の眺望を楽しみながら、しばし休みとよいでしょう。そのあとは果樹園のなかの農道を下って国道へ出ることで、壮瞥道の駅に戻れます。およそ2時間ほどのウォーキングコースとなっています。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)