ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

噴火湾展望公園 360度に広がる内浦湾の大パノラマ

約 1 分
噴火湾展望公園 360度に広がる内浦湾の大パノラマ

噴火湾展望公園は、札幌~函館を結ぶ北海道縦貫自動車道で、もっとも海岸に接近したパーキングエリアである豊浦噴火湾P.Aの南隣にある公園です。豊浦噴火湾ハイウェイオアシスとして、パーキングエリアと一体化して利用できる公園になっています。第二駐車場に車を停め、公園には徒歩15分ほどかかるため、けっこうな距離です。標高79mの丘の上には、ホタテ貝の形をした高さ25mの展望塔があります。エレベーターで最上階まで上がると全面ガラス張りの展望室があり、目の前に内浦湾の大パノラマが広がります。真下には豊浦の町並みが広がり、陽光にきらめく噴火湾や対岸の秀峰・駒ヶ岳など、360度のパノラマを満喫できます。展望塔では特産物の購入や軽食が食べられるほか、豊浦出身であるボクシングの内藤選手の展示コーナーもあります。景色を眺めながら豊浦産のホタテ貝を使った工芸作品の製作体験なども楽しめます。噴火湾展望公園は展望塔だけでなく、レクリエーション公園としても整備されています。大型ローラーすべり台などの遊具やパークゴルフ場、桜林の遊歩道など、思い思いのひとときを過ごせます。歴史の道彫刻広場にはイチゴやホタテ、豚などの石像が展示されており、木工・陶芸・砂アートなどの工芸体験を楽しむこともできます。

噴火湾展望公園の基本データ

・住所: 北海道虻田郡豊浦町字高岡
・入園料: 無料
・営業時間: 4月中旬~11月下旬 / 9:00~17:00
・定休日: なし
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】豊浦駅出口から徒歩約24分【マイカーをご利用の場合】道央自動車道虻田洞爺湖ICから約15分
・駐車場の有無: あり / 100台(無料)
・問い合わせ先: 豊浦町産業振興課林政係(電話:0142-83-1409)

噴火湾展望公園の展望台まで車で行く方法

道央道を使うとパーキングから展望台までかなり歩く必要があるため、国道37号線の豊浦トンネルの西側から脇道に入ると、公園のゲートをくぐり抜け、展望台まで車で行くことができます。舗装はされているものの、かなり急な坂を登ることになるため、運転には十分注意してください。

噴火湾展望公園でウォーキングをする魅力

噴火湾展望公園でウォーキングするには、公園内に張り巡らされた遊歩道をたどるとよいでしょう。桜や梅などが植林された林のなかに、遊歩道が完備されています。春には新緑を、秋には紅葉を眺めながら、自然散策を楽しむことができます。シラカバ・カエデ類が植栽された歴史の道彫刻広場も、ぜひウォーキングしてみてください。緑のなかに点在するユニークな彫刻と出会えます。パーキングエリアに立ち寄ったついでに、気軽にウォーキングを楽しめるのが、噴火湾展望公園のよいところです。公園から徒歩20分ほどで、豊浦温泉しおさいに立ち寄ることもできます。公園は17時には閉鎖されるため、噴火湾の夕景を眺望できないことが残念です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)