ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ふきだし公園 紅葉に映える名水の里

約 1 分
ふきだし公園 紅葉に映える名水の里

ふきだし公園は、環境庁の名水百選にも名を連ねている国内屈指の清水である「羊蹄のふきだし湧水」を中心に整備された公園です。公園内に広がる池から、末広がりの美しい姿を見せる名峰羊蹄山を仰げば、池に木々の色づきが映え、ため息が出るほどの美しい光景を目にすることができます。ふきだし湧水は、羊蹄山の地下を通って来た水脈が地表にふきだしたものであり、いたるところから勢いよく水が噴出しています。流れの上には木で作られた橋が渡され、橋の上から清流が流れ落ちるさまを望むことができます。苔むした岩に、滝から落ちる清流が当たる光景は清涼感に満ち、なんともいえない風情を醸し出しています。紅葉の季節は特に美しく、清らかな湧水を鮮やかに色づいた木々が包み込み、多くの観光客で賑わいます。ふきだし湧水を汲もうとする人は、一日中絶えることがなく、18リットルのポリタンクに水を汲んでいる人も多く見かけます。
公園内には、子どもたちのための遊び場も整備されており、6歳までの幼児コーナーと6歳以上の児童コーナーに分かれ、それぞれに難易度の異なる滑り台などの遊具が設置されています。また、公園内には道の駅「名水プラザ」があり、多くのドライブ客に利用されています。隣接施設として京極温泉・パークゴルフ場・キャンプ場があります。

ふきだし公園の基本データ

・住所: 北海道虻田郡京極町字川西
・入園料: 無料
・営業時間: 終日開放
・定休日: なし
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】JR函館本線倶知安駅から道南バス伊達駅方面行き30分 / 京極バスターミナル下車、徒歩15分
・駐車場の有無: あり / 名水プラザ側第一駐車場 普通車90台・大型車10台 / 湧水口側第二駐車場 普通車183台・大型車15台 / 京極温泉駐車場 普通車66台・大型車10台
・問い合わせ先: 京極町役場企画振興課(電話:0136-42-2111)

ふきだし公園のふきだし湧水

羊蹄山に降り注いだ雨と降り積もった雪が地下に染み入り、数十年という歳月を経て伏流水となり、地表に噴き出したものが「ふきだし湧水」です。ひんやりとした水を口に含むと、その一口に数十年の歳月が染み込んでいるようで、神妙な気持ちになります。地元の人たちは、ふきだし湧水を大量に汲み上げ、コーヒーを淹れたり、麺をゆでたりしています。ふきだし湧水を使うだけで、独特のまろやかな味になるそうです。水質は硬度20mg/Lの超軟水のため、とてもまろやかで飲みやすい水です。湧水の温度は四季を通しほぼ一定に保たれ、6~7℃です。 一日に湧き出る水量は、約8万トンに上ります!

ふきだし公園でウォーキングをする魅力

ふきだし公園をウォーキングするには、秋の紅葉の季節がおすすめです。苔むした岩の狭間を伝う清流に紅葉が舞い落ちて流れるさまは、あまりにも美しく、周囲の紅葉と織りなすコントラストは、幻想的な趣に満ちています。吹き出し口に向かう手前には、何体もの地蔵が建ち並び、この遊水池が開拓前からすでに霊験あらたかな聖なる場所として、崇められていたことがしのばれます。そのせいかウォーキングする足取りも、なにかしら厳かな気分に駆り立てられます。公園内を散策すれば、いくつもの木橋を渡ることになります。木橋の上からは、あたりが紅葉に染まるなか清流が優雅に流れるさまに、思わず足を止めて見入ってしまいます。小さいながらも風情をたたえる滝と苔むした岩、水草が揺れる水面に揺れる色づいた木々、日本的な美がギュッと凝縮された世界を堪能しながらウォーキングできます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)