ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

血圧が気になる人は続けよう!ウォーキングで元気な日常を奪還

約 1 分
血圧が気になる人は続けよう!ウォーキングで元気な日常を奪還

血圧が高い人のウォーキングは逆に血圧が高くなると思いがちです。

しかし適度なウォーキングは血管を拡張して血流を良くして血圧を整えてくれる効果があります。

血圧とは

全身に血液を送るための心臓の圧力のことです。

心臓が収縮されたときには最高血圧、広がった時には最低血圧になります。

一般的には最高血圧が135mmHg未満、最低血圧が85mmHg未満であえば異常なしです。

これはどちらかが正常でも片方が正常値から大きくずれているときには医師に相談の上でウォーキングを行うか考えた方が良いでしょう。

年齢と血圧

若い人から中年の人、~75歳までの高齢者であれば再考血圧が135最低血圧が85未満が標準です。

75歳以上の高齢者になると最高血圧が140で最低血圧が85未満になります。

(参考:厚生労働省高血圧ホームページ等)

血圧が上がるとき

冬場の寒い中でのお風呂は、特に熱いお風呂を好む場合は温度差から心臓にも大きな負担がかかります。

また過度のストレスや塩分過多も血圧上昇に繋がり、喫煙、肥満、運動不足、飲酒等も血圧を上げる要因になり得ます。

普段から健康的な生活を心がけて血圧が以上に上昇することが無いように防ぎましょう。

※1日の塩分摂取量の基準は成人男性10g未満、成人女性8g未満となっています。

血管を拡張して血圧安定

血管を収縮させる物質にはカテコールアミンがあります。

継続的なウォーキングでカテコールアミンを減らし、高血圧を防ぎましょう。

ウォーキングが向かない人

高血圧の人の症状にはウォーキングでの改善がおすすめではあるものの、誰にでも効果があるわけではありません。

例えば最高血圧が180等の重度の高血圧の人は、ウォーキングでの改善は難しいです。

その場合は生活習慣の見直しと、医師かの降圧剤で血圧を下げる必要があります。

体調が悪い人のウォーキングも不向き

高血圧の他にも睡眠不足、二日酔い、風邪等の症状で血圧が高い日のウォーキングは控えましょう。

ウォーキング中の体調不良でもすぐに中断します。

肥満と高血圧の関係

昔から肥満の人は高血圧になりやすいと言われています。

また日本人は欧米の人よりも皮下脂肪が付きにくく、内臓脂肪も増えやすいです。

内臓脂肪は血圧を上げたり炎症を引き起こす物質を増やしたり、また血圧を下げたり炎症を抑える物質を減らしてしまう事があります。

肥満体型には大きくリンゴ型肥満と洋ナシ型肥満があります。

その体型や病状によってウォーキングの効果も異なってきます。

リンゴ型肥満と洋ナシ型肥満

・洋ナシ型肥満

お尻や太ももが大きい、いわゆる「下半身太り」タイプです。

皮下脂肪がつきやすく、落ちない体質なのでウォーキングでは下半身をよく動かしましょう。(血圧が高くない人の場合:ウォーキング後には時間を置いてか適温での半身浴やマッサージで血圧を整えます。)

・リンゴ型肥満

お腹、二の腕、背中等がふくよかになる「上半身太り」タイプです。

男性や更年期以降の女性に多く内臓脂肪のつきやすさや、動脈硬化・糖尿病等の生活習慣病を招くこともあります。

ウォーキングは特に効果的で水泳も用いた有酸素運動がおすすめです。

※血圧が高い人は医師と相談の上でウォーキング等を行うか考えましょう。

高血圧が続いた場合

高血圧が続くと過度に動脈に負担がかかって動脈硬化を引き起こしたり、脳や心臓、腎臓等の器官にも障害を起こすことがあります。

例えば脳出血や心臓病になる危険性も出てくるのです。

また高血圧は、生活習慣病とも密接な関係があるので、普段の食生活や運動も見直しながら血圧を整えていきましょう。

まとめ

日本には高血圧の患者が約4,000万人もいると考えられています。

また肥満体型から高血圧になり万病を引き起こすこともあるので、普段から血圧も整えられるようにしましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)