ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

汗をかき始めたら勝負!ウォーキングで肥満解消・体脂肪を燃やす

約 1 分
汗をかき始めたら勝負!ウォーキングで肥満解消・体脂肪を燃やす

ウォーキングによるダイエット効果は体への負担も少なく、効率よく行うことができます。

最近体が緩んできたときにもウォーキングで自然に体を引き締めるのがおすすめです。

ストレッチで燃焼効果を上げる

ラジオ体操と同様に、全身の伸びと深呼吸で体を整えていきます。

手足の末端から心臓に近い方へとストレッチをしてゆっくりと整えましょう。

長いウォーキングの場合は特に10分以上かけて念入りにストレッチします。アキレス腱や関節、筋肉もゆっくり伸ばして体を傷めないようにしましょう。

中性脂肪も分解!おすすめはコーヒー

普段のウォーキングでは、ウォーキング前の100~150mlの水分補給と30分毎の水分補給が大切です。

コーヒーやお茶が好きな人は、特にウォーキング前に飲んで脂肪の分解を助けましょう。

ウォーキング後には低脂肪乳や豆乳を飲んで代謝の良い体つくりを目指します。

※食べ物もウォーキング前にはバナナや飴等で適度に糖分を摂取し、効果的な運動効果に繋げましょう。

姿勢を整えて肥満解消

背筋から腰、かかとまでまっすぐに吊られるような姿勢で立ちます。

※壁に頭(あごは引く)と肩、お尻、足を付けた時の姿勢に近いです。

ウォーキングではかかとから着地し、つま先で地面を蹴るように歩きましょう。

腰も大きく動かして腰回りのシェイプアップにも繋げます。

肥満には毎日20分以上、3か月以上のウォーキングで改善していきましょう。

肥満解消で美容効果も抜群!

ダイエットにも最適なウォーキングは、自然にホルモンの分泌量もアップさせて肌と髪もツヤツヤにしてくれます。

これは体の免疫細胞の活動が活発になり、肌荒れや小じわ、くすみを防ぐバリア機能がアップして女性ホルモンの分泌が肌や髪にうるおいやハリを与えてくれるからです。

またウォーキングではストレス発散にもなることでより免疫力がつくようになります。

歩幅を広げて燃焼効果を実感

歩幅は身長×0.45をかけたものを目安にします。

細かく測る必要もありませんが、普段のウォーキングよりも手足を大きく動かして歩幅も大きくとりましょう。

ウォーキングは普段の歩きよりも若干息が早くなるペースで歩きましょう。

呼吸法で脂肪燃焼アップ

できれば腹式呼吸でへその下に空気を入れるように呼吸をしましょう。

息の吐き方も吸う時の2倍の時間をかけてゆっくり吐きます。

慣れないうちは「吸う×2、吐く×2」でリズムよく呼吸をして脳も活性化させましょう。

水中ウォーキングで体脂肪を燃やす

水中では地上でのウォーキングよりも体への負担が無いのに、水圧で鍛えられることで緩やかな脂肪燃焼が期待できます。

水中の圧力はプールの深さによって変わり、水の浮力が適度な水中ウォーキングの深さを探しましょう。

あとは普通に歩いてみたり、腰を落としたり、カニ歩きや足回りを大きく動かすウォーキングで全体の筋肉を使ってシェイプアップしましょう。

※プールの中では体温を上げようと脂肪を燃焼してくれるので自然に痩せやすい環境が整います。

プールではスイミングやヨガも組み合わせて楽しみながら行いましょう。

さいごに

肥満解消や体脂肪燃焼を目的としたウォーキングは1日では解決できません。

脂肪が燃えるまでには時間がかかるので継続的なウォーキングと毎日の積み重ねで普段から太りにくい体型を作れるようにしましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)