ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ウォーキングで頭スッキリ!心も爽やかにして脳疲労も回復

約 1 分
ウォーキングで頭スッキリ!心も爽やかにして脳疲労も回復

全身の機能を司る脳は、ウォーキング等の足を伸ばしたり縮める運動を繰り返すことで、体の血液の循環を良くし心臓にも力強く押し上げます。

ウォーキングは20分を目安に行い、頭もすっきりしてストレス発散にも繋がります。

ウォーキングと脳の働き

体の血液の流れが良くなることで体の隅々まで新鮮な酸素と栄養も行き渡り、脳の血の巡りも改善されて脳細胞に十分な酸素が送り込めることで脳の活性化に繋がります。

歩いたまま眠れる人はいないのと同様に、歩くことには脳を覚醒させることにも繋がり記憶力アップと認知障害の予防にもなります。

また脳を活性化させることで考えがまとまりやすくなるので、考え事にも最適です。

家の中でもウォーキングの効果

良いアイデアが思いつかずに考え事もまとまらない、何かを思い出す作業には考えるだけではなくふと歩いたりすることがあります。

そのふとした行動ときっかけから良いアイデアが思いつき考えもまとまり、忘れていたことも思い出せるのです。

これも歩いたことで血液の循環が良くなり、脳を活性化したことでできたことです。

記憶も活性化!頭スッキリ

歩くという作業は単純な作業に見えていても実は複雑な作業であることが分かります。

手足は大きく動かしてバランスを取り、呼吸は腹式呼吸で自律神経も整えて、周りの景色が知らず知らずのうちに脳を活性化させています。

またウォーキングをするだけで必要な神経栄養因子も増えると言われています。

そして脳が活性化されることで、記憶と記憶のネットワークも良好になり、頭が切れやすくなるのです。

良いアイデアが思い浮かばない、高齢者の認知症予防にもウォーキングで改善していきましょう。

快楽ホルモンで幸福感もゲット

継続して20分程ウォーキングをしていると、βエンドルフィン(ベータエンドルフィン)という快楽ホルモンが分泌されます。

このホルモンは鎮痛効果や気分の高まり、幸福感にも影響しています。

これにより自然な明るい感情が生み出され、それが心にも良い影響を与えるのです。

血流が改善されて自律神経のバランスも良くなると、ストレスも溜めにくい体質に変えていくことができます。

ウォーキングの目安

歩く時間は20分を目安にします。

いつもより呼吸が少しだけ早く、うっすらと汗をかく程度の速さで歩きましょう。

足腰を傷めないウォーキング

誤ったウォーキングの方法では逆に膝や足腰を痛めてしまう事があります。

ウォーキングをする場所も、できれば公園等の地面が固すぎないところで行ったほうが良いでしょう。

アスファルトでの長時間の運動では足腰に負担をかけ過ぎないように気を付けましょう。

五感を意識してスッキリ効果を倍増!

普段の歩きではだらだら歩いたり、ぼーっとしながら歩くこともあります。

これも脳の活性化やストレス発散にも効果があるのですが、意識的に考えながらウォーキングをすればより良い効果を発揮できます。

日々のウォーキングは普段の歩きとはスイッチを入れ替えてウォーキング用の服装とシューズでスイッチを入れ替えましょう。

またウォーキングは自分の好きな場所(公園等)で脳への刺激を増やします。

できればずっと同じ景色よりは、場所によって景色や匂い、風の感じや音も変わるような場所を選べばより顕著になります。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)