ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

風邪をひいたら意味がない!雨の日に読むウォーキングの方法一覧

約 1 分
風邪をひいたら意味がない!雨の日に読むウォーキングの方法一覧

日々のウォーキングは健康維持にも最適です。しかし雨の日のウォーキングは風邪をひく恐れもあります。

そこで今回は雨の日のウォーキングの有無と対策についてまとめます。

雨の日は休息日にする

日々欠かさずにウォーキングを続けている人は「雨の日は休息日」と決めている人もいるようです。

その代わりに家の中で簡単なヨガやストレッチ等の軽い運動をします。

通勤、買い物でウォーキング

雨の日でも出勤日にはや買い物をしなければならない日は必ず歩きます。

自転車通勤の人は歩きにするだけで手軽にウォーキングができます。

このときも呼吸や姿勢、歩幅等に注意して歩けば立派なウォーキングになります。

またショッピングモールの中を歩けばウィンドウショッピングも楽しみながらウォーキングできます。

傘をさしてウォーキング

小ぶりの雨であればウィンドブレーカーや傘を差して歩きます。

ウィンドブレーカーや防水靴、傘、帽子等もお洒落なものを選べば雨の日も楽しくウォーキングできます。

ウォーキングは20分を目安に行い、天候が気になるときには中断して室内でのストレッチと運動に努めましょう。

雨の日のウォーキングを楽しむ

雨の日の匂いが好きな人は、雨の日こそ傘を差してウォーキングを行います。

ウォーキングをする場所も緑の多いところを歩けばよりマイナスイオンも感じられます。

体調に合わせてウォーキング

ダイエットを目的としている人であれば歩いたほうが良いという意見も見られます。

一方で風邪を引くことでで仕事に差し障りがあるようだったり、視界の悪い日のウォーイングは危険だという意見も多いです。

ウォーキングは自分の生活に合わせて適度に行いましょう。

雨の日は呼吸法で整える

家の中ではヨガや座禅で呼吸や姿勢を整えます。

呼吸ではおへその下に空気を入れて、吐くことに意識を置きます。

呼吸法は消化器官の調子も良くなるので数分間でも試してみるのかいかがでしょうか。

室内でのウォーキング

自宅が二階建て以上の場合には階段の昇り降りを15分やるのもおすすめです。

普段のウォーキングでは10分間で1000歩を目標にして歩き、雨の日は踏み台を上り下りするという人もいます。

台も安定のあるものでアレンジして高さを変えたりして体への負荷も調整します。

大は軽めの高さから徐々に高くしていくといいでしょう。※台は専用のものもありますが安定したものであれば大丈夫です。

もも上げでウォーキングの効果

もも上げでは膝ができるだけ腰より上にくるように足を動かします。

回数は100回を目標に行い、家の中でのもも上げでは静かに行いましょう。

アパート暮らしの人はゴムマット等を敷いて一緒に住む家族や下の階の人へ気配ります。

雨の日のトレーニングは縄跳び

縄飛びの要領で縄を使わないエアの縄跳びやもも上げ運動も手軽に運動できます。

本格的にやりたい方はエア縄跳び用のグリップで楽しみながら行えます。

エア縄跳びでは縄に引っかかることも無く、縄跳びが苦手な人もできるのでおすすめです。

慣れたら時間は30分を目標に行います。

まとめ

雨の日には気圧の変化から体にも悪影響があることも多いです。

そんな天候の悪い日もできる範囲で体を動かして血流から改善し、日々の肩こり等も治していきます。

また適度な運動で気分もリラックスさせて、またウォーキングも楽しめるような体調に整えましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)