ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

お尻(骨盤)歩きで下半身もシェイプアップ!お年寄りにも最適

約 1 分
お尻(骨盤)歩きで下半身もシェイプアップ!お年寄りにも最適

ウォーキングは手足を大きく動かして行えばより運動の効果が得られます。

しかし、雨の日のウォーキングや家の中での風変りな運動を楽しみたいときにはお尻歩きもおすすめです。

お尻歩きとは

お尻歩きと聞くと、国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」でよく見られる歩きを想像する人も多いと思います。

しかし、健康効果を期待するときのお尻歩きは無理な動きはせずに体に負担をかけないようにして行います。

お尻歩きの方法

お尻歩きは体育座りをした状態で左右のお尻を動かして歩きます。

お尻歩きは5分だけでも運動効果があり、おまけにダイエット効果も期待できます。

中高齢者にもおすすめの骨盤体操

体育座りができない人は腕組みをして、足は曲げずに伸ばしたままでお尻歩きを前に10歩、後ろにも10歩行います。

※このとき足は内またやがに股にならないようにまっすぐに伸ばして行います。

骨盤体操で骨盤矯正

椅子に座るときには足を組んだりと、普段から骨盤が歪みやすい姿勢が多い人にも「お尻歩き」はおすすめです。

また骨盤強制ができることで、胃腸等の内臓を正しい位置に支えて、健康的な暮らしを応援することができます。

インナーマッスルを鍛える

骨盤矯正で正しい位置に戻すことは、筋肉、主に大腰筋や腸骨筋等の腸腰筋のインナーマッスルにも効果があります。

そして筋肉を鍛えれば消費エネルギーも増えて基礎代謝も上がります。

血行改善と肩凝りの解消

インナーマッスルでは体の芯から温まることで血行不良も改善されて、冷え症や全身の凝りも解消されます。

とくに寒い日にはお腹まわりだけが温かくなり内臓を守ろうとします。すると手足の末端に血液が行き渡らず冷え性にもなりがちです。

そのようなときにもお尻歩きはお腹から温めて、手足への血液量も増やすことが期待できます。その結果冷え性も予防できるのです。

便秘を解消

内臓の位置が歪むことで消化の効率も悪くなり、体の不要なものもなかなか排出されずに苦しむときにもお尻歩きはおすすめです。

内臓の位置は正しい位置に戻して消化機能や便秘も改善しましょう。

むくみの解消

骨盤の歪みは血液の流れも圧迫させて、血行不良や体のむくみも引き起こします。

また血行が悪くなり便秘になれば老廃物や毒素も体の中に溜まりむくみの原因になります。

お腹のシェイプアップ

骨盤底筋と腹斜筋は鍛えることで下っ腹のお腹の解消とくびれを作ることが期待できます。

お尻歩きでは、普段の生活ではなかなか使わない筋肉も刺激して理想的な体型に戻しましょう。

腰痛の改善

骨盤が歪みは腰への負担が腰痛を引き起こしがちです。

また腰痛持ちの人のお尻歩きは、固い床で行うことで腰痛を悪化させてしまう場合もあります。

お尻にも痛みを感じるときには柔らかいマットやクッション等の上で行うようにします。

さいごに

お尻歩きは骨盤の歪みを正すことで体に優しい姿勢を取り戻して、その結果血行不良が改善されて冷え性の予防も期待できます。

そして血行不良の改善は肩こりの解消、便秘の解消、むくみの解消も期待できます。

他にもお尻歩きはお腹の筋肉を引き締めて内臓の位置も正して綺麗な体型を作ることができます。

激しい運動ができない人もお尻歩きで体型と体のリズムを整えるのもいかがでしょうか。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)