ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

足痩せは坂道でシェイプアップ!歩幅も広げて新陳代謝も活発

約 1 分
足痩せは坂道でシェイプアップ!歩幅も広げて新陳代謝も活発

女性の体は体内で赤ちゃんを育てられるようにふくよかな体型になりやすいです。しかし妊娠前の女性は脂肪の付きやすさから体型に悩むこともあります。

気になる足の健康美容に関してもウォーキングで自然な足痩せ効果を期待しましょう。

ウォーキング

ウォーキングは無理に行おうとしなくても普段の買い物や仕事帰りにも実行できて継続しやすいです。

歩くだけなのでジムのような経済的な負担もありません。

足痩せにも効果的

ウォーキングと言えば運動効果や持久力の向上、健康の維持のためによく行われています。

そして日々のウォーキングでは足が鍛えられて太くなるイメージもありますが、正しいウォーキングは足痩せにも効果があります。

筋力アップで足痩せ

ウォーキングでは筋肉が引き締まり新陳代謝も活発にします。

靴はハイヒールではなくスニーカー等で姿勢もまっすぐにして行いましょう。

正しい姿勢で足痩せ

ウォーキングは手足を大きく動かして運動の効果を上げましょう。

前かがみや足元を見るような歩き方では体の重心が変わり、鍛えなくて良いところを鍛えて足を太くしてしまうことがあります。

姿勢は頭のてっぺんから吊られているような感覚でまっすぐ立ち、お腹は引き締めて肩と骨盤は地面と水平になるようにします。

足は親指の付け根でバランスをとるように立ちましょう。後ろに寄りかかっているような立ち方が正しい立ち方です。

イメージがわかない場合は壁を背中にして立ち、かかととおしり、両肩、頭を壁に付けて顎は引きます。この立ち方がウォーキングでの正しい立ち方に近いです。

正しいウォーキング

肩の力は抜いて1本のラインの上を歩くよう行います。

ウォーキングは太もも裏の筋肉に効果的に効いているか意識してみましょう。

歩き方は、腰から歩き出すような感覚で歩幅は大きく、かかとで着地して膝を伸ばし最後に爪先を離すように歩きます。

基本的には蹴りだしは親指からで、着地はかかとで歩きます。

大股で歩いて足痩せ

ウォーキングのスピードは速いほうがカロリーも消費も多くなります。

フォームに慣れたら少しずつスピードを上げていきましょう。普段の歩き方よりも若干息が上がるような速さで歩きます。

速く歩くのが苦手な人も、腕を大きく振って歩けば自然と足の幅も広がります。

ウォーキングは全身の筋肉を効果的に使って脂肪を燃焼しやすくしましょう。全身の脂肪燃焼が高まることで足痩せ効果も期待します。

場所を変えてみる

普段のウォーキングは継続しやすいようなルートで行います。

坂道のコースでは、ウォーキングでも足が太くなるイメージがありますが、筋力トレーニングでもないのでさほど問題はありません。

むしろ負荷がかかって引き締まった足になるとも言われています。

普段のウォーキングルートは、山なりな道や平坦な道を組み合わせて楽しく行いましょう!

さいごに

ウォーキングの際はなるべく手荷物は少なくして、歩きスマホもやめます。

目線が下になり事故が起きやすい他、余分な手荷物は体のいらない部分に負荷がかかり、本来ついてほしくない部分に筋肉をつけることもあります。

普段のウォーキングは、公園等のマイナスイオンが多いところや大好きな場所も活用して楽しく行いましょう。

海の砂地等でのウォーキングも、砂に足を取られてカロリー消費が高くなる傾向にあります。こういった場所も活用して楽しみながらの足痩せ効果を期待しましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)