ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

七飯町大中山あかまつ公園!函館山や函館港を望める赤松が美しい公園

約 1 分
七飯町大中山あかまつ公園!函館山や函館港を望める赤松が美しい公園

あかまつ公園は、函館に隣接する七飯町でもっとも大きな公園です。七飯町は、北港道開拓の基礎となる西洋農業発祥の地として名が知られています。広々として開放感にあふれる園内には、テニスコートや9コースを擁するパークゴルフ場、バスケットのハーフコートなどがあり、多くの市民の憩いの場とし活用されています。夏にはプールに噴水が設置され、スプリング遊具とともに水遊びに興じる子どもたちの明るい歓声に包まれます。園内からの眺望も素晴らしく、函館山や函館港を望むことができます。パークゴルフ場には50本の桜が植えられており、5月上旬~中旬にかけて見ごろを迎えます。

あかまつ公園の基本データ

・住所: 七飯町大中山5丁目122-1
・入園料: 無料
・営業時間: 9:00~17:00 / 冬季間(1~2月)は9:00~15:00 / 水遊び場(6月上旬~9月上旬) 10:00~16:00(金・土・日は16:30まで)
・定休日: 11月中旬~12月、3月~4月上旬
・交通アクセス: 【電車・バスをご利用の場合】JR函館本線 大中山駅から車で約4分
【マイカーをご利用の場合】函館新道 七飯大川ICから車で約7分
・駐車場の有無: あり 107台
・問い合わせ先: 七飯町都市住宅課(電話:0138-65-5794

あかまつ公園のイベント情報

例年7月に「ななえあかまつ街道納涼祭」が開催されています。

あかまつ公園の赤松並木

あかまつ公園へと通じる赤松並木は、1986年(昭和61年)に「日本の道百選」に選定されています。その後、平成2年に愛称が募集され、「赤松街道」と呼ばれるようになりました。赤松街道は、道内はもちろん本州からも多くの人が訪れる人気の名所となっています。もともと赤松は1876年に明治天皇が行幸されることを記念して植樹されたものです。南北14キロに渡り、1200本の赤松が街道を覆う様は壮観です。平成8年には、歴史的・文化的価値をもつ道路であることを示す「歴史国道」にも選定されています。
赤松は本来、青森県が天然分布の北限とされています。それを北海道の厳しい自然条件下で育てることに成功したのは、多くの人の血のにじむような努力があったからこそです。植樹130年を越える古木も、数多く残されています。

あかまつ公園でウォーキングをする魅力

ウォーキングするには、赤松街道からあかまつ公園を周遊するコースがおすすめです。季節は赤松の深緑がもっとも映える初夏から秋がよいでしょう。街道を包み込む緑のカーテンの下をウォーキングすれば、のどかな光景に時を忘れてしまいます。また11月頃には、冬が訪れる前に樹木にわらを巻き付ける「こもまき」が赤松に施され、また一段と風情のある景観を醸し出してくれます。赤松街道のハイライトは、七飯町の大中山から鳴川までの約2キロの道のりです。この区間をウォーキングすれば、まるで絵画の世界に迷い込んだかのような錯覚を覚えることでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)