ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

スポーツ運動資格人気ランキング

約 1 分
スポーツ運動資格人気ランキング

ジョギングブームや登山ブームなどで、体の健康をスポーツで維持しようという方が今とても増えてきています。そういったスポーツ人気の高まりによって、各種スポーツのインストラクターへの需要も増えており、スポーツ業界のなかでインストラクター資格者は重宝されています。

ここでは、取得していれば今後スポーツ業界のなかで大きな武器となるスポーツ・運動インストラクター関連の資格をランキング形式でご紹介していきます。

第1位 「健康ウォーキングアドバイザー」

スポーツ・運動インストラクター資格の中で最も人気の高い「健康ウォーキングアドバイザー」資格は、様々な生活のスキルアップを推進する日本生活環境支援協会が認定する確かな資格です。

あまりスポーツに親しんでいない人にとって、ジョギングや登山は、少々ハードルが高いものですが、体への負担が少ないウォーキングなら気軽に始めることができるため、今非常に人気の高い運動です。

この「健康ウォーキングアドバイザー」資格は、そんなウォーキングを楽しむ人たちに正しい歩き方をレクチャーし、健康で美しい体作りをサポートする役割を果たせる方に認定される資格です。

正しい歩き方を身につければ美容や健康に効果的なウォーキングができるようになります。この資格の保持者にはそういった歩き方を適切にレクチャーするスキルが求められます。

この資格取得後には、スポーツジムなどでウォーキングのインストラクターとして活躍することが期待されます。

スポーツ運動資格人気ランキング1位は、日本生活環境支援協会(JLESA)が認定をしている健康ウォーキングアドバイザーとは、ウォーキングの有酸素運動効果や、心身に与える影響、健康増進やダイエット、生活習慣病の予防などへの幅広い知識を確実に理解し、有しているものを認定する資格です。歩くことで心身への影響、また今より健康になるための方法、生活習慣病を予防するために効果的な歩き方などといった細かいニーズに答えられる幅広い知識を習得していきます。受験資格は特になく、在宅で受験することができます。受験料は10,000円(税込)、試験日程は偶数月の20~25日で行われています。資格取得後には、趣味としてウォーキングをより理解し、効率のよい運動をしたいと考える方から、介護関係の仕事に活かしたいと考える方まで、幅広く多くの人がこの資格に注目を集めています。

第2位 「歩き方インストラクター」

第2位にもウォーキング関連の資格が入りました。ウォーキングへの関心の高さがよく表れています。この「歩き方インストラクター」は、ウォーキングに関しての知識と正しいペースとフォームをレクチャーできる指導力が求められる資格です。

こちらの資格はより歩き方のフォーム修正やペース配分の指導力に重点が置かれた資格といえます。幅広い知識を必要とする「健康ウォーキングインストラクター」と併せて取得すれば、専門的かつ総合的な指導が行えるようになるでしょう。

日本インストラクター協会が主催する歩き方インストラクターとは、ウォーキングの効果などの知識を身に付け理解をし、ウォーキング時のフォームや、個人に合わせた歩き方やペース、コースを考え、より効果を高めるための歩き方を提案できる技能を身に付けていることを認定する資格です。この資格があれば周りの人に正しい歩き方を伝えられるだけのスキルも身に付きます。受験資格は健康ウォーキングアドバイザーど同様に、特になく在宅で受験することができます。受験料は10,000円(税込)、試験日程は偶数月の20~25日で行われています。健康のためのインストラクターは今後ますます需要が求められることが期待できる注目の資格です。

第3位 「スポーツインストラクター」

スポーツインストラクターは、様々な種目のスポーツの指導を行います。スポーツジムなどで、その人独自の運動メニューを組んだり、競技指導を行う仕事です。スポーツを介して様々な人と触れ合いたいと考える方に向いているお仕事だといえます。

スポーツインストラクターは、スポーツジムなどで効果的な身体を動かす方法を指導したり、スポーツクラブなどで競技の指導を行っています。対象者がより安全にスポーツを楽しめるように万全のサポートをする指導力を必要とされます。トレーニング方法、ダイエットや栄養管理、人間の体の構造や機能、ケガの応急措置などの知識を身につけます。必ずしも資格が必要というわけではありませんが、このような専門的知識は必要不可欠といえるでしょう。スポーツ専門学科で学ぶことが一般的とされており、ほかには日本体育協会や日本フィットネス協会などでインストラクターとしての資格を取得すれば、実際にスポーツインストラクターとして働くことは可能といえます。利用者と信頼関係を築き、楽しい雰囲気で指導を行える環境を作り、コミュニケーションをとりながら常に運動を盛り上げるなど大切な務めです。

第4位 「スポーツリーダー」

「スポーツリーダー」資格は、スポーツサークルなどでリーダーとして基礎的なスポーツ指導にあたる資格です。専門競技についての資格や、各種フィットネス資格へのステップアップとなる資格といえます。

スポーツリーダーは、NHK学園生涯学習通信講座を受講し救急処置の基礎知識やコーチングの基礎知識も身につけ、課題を提出し、講座を修了する必要があります。公益財団法人・日本体育協会の公認資格で、地域住民のスポーツの生活化および定着化を促進し、スポーツ指導者としてリードできる人材であることを証明する民間資格です。受験資格は満18歳以上、受講料24,000円、4か月の通信講座を受講し、課題3回提出し合格すると取得することができます。

第5位 「アスレチックトレーナー」

この「アスレティックトレーナー」資格は、スポーツ指導というより、スポーツ外傷に対する救急措置やコンディショニングを専門に行う資格です。スポーツドクターやコーチとの連携が求められます。

日本体育協会が設けているトレーナー資格は、「公認アスレティックトレーナー資格」と呼ばれています。スポーツドクター及びコーチとの協力のもとに、競技者の健康管理や、傷害予防、スポーツ外傷、障害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニングなどを行います。資格を取得までには、公益財団法人 日本体育協会公認アスレティックトレーナーが主催する『JASA-AT』養成講習会を受講するか、適応コース承認校を卒業する必要があります。(満20歳以上で関連団体の推薦と日本体育協会の認可が必要です)資格取得後には、スポーツチームや病院などと契約をして、けがをした選手の応急処置や復帰までのサポートを行えます。ほかにも、パフォーマンス向上のトレーニング指導など、資格で得た知識からスポーツに関わる指導を行うことができます。

以上、スポーツ運動資格をランキング形式にてご紹介しました。ランキングを見ると誰にでも親しまれるウォーキングに注目が集まっていることが見て取れます。

スポーツ業界でインストラクターとして働きたいという方は、是非ご参考にしてみてください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)