ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

歩き方を変えるだけで痩せる!ウォーキングに効果がある歩き方を大紹介!

約 1 分
歩き方を変えるだけで痩せる!ウォーキングに効果がある歩き方を大紹介!

痩せる歩き方ってどんな歩き方?

皆さんいつも綺麗な姿勢で歩けていますか?
たかが歩くことだなんて思っていませんか?
これは大きな間違いです!歩くことは私たちの生活の大部分を占めている動作です。
これがしっかりできていないと体にいい影響を与えないというのは簡単に想像出来るかと思われます。
そこで今回は良い歩き方について、また痩せる歩き方についてまとめてみました。
ウォーキングを日課にされている方なども今一度自分の歩き方を見直してみましょう!
きっともっと効果が出るはずです!

こんな歩き方をしている人はダメ!

・猫背で歩いている人
・癖のある歩き方をしている人
・足をあまり上げずに歩く人
・内股で歩く人
・がに股で歩く人
・足の指を浮かして歩く人
・重心が前にある人
・顎が出ている人
・手を全く使わないで歩く人
・早歩きをする人

上記の歩き方の中に当てはまった人はいませんか?
この歩き方を続けていると体の緩みを引き起こし、
変なところに力を入れてしまうのでうれしくないところ主に下半身に筋肉がついてしまいます。
なぜか下半身は太っている…という方は歩き方が原因な可能性があります。
このような歩き方をしていたら引き締まった体にはなれません。

まずは綺麗な立ち方から!

・猫背の人は肩を後ろに引っ張る気持ちで胸を前に出しましょう。
(だけどやり過ぎはダメです。そり過ぎないようにしましょう。腰に負担がかかってしまいます。)
・背筋を伸ばしましょう
・腰を少し引き、おなかの下の丹田に少し力を入れ骨盤を真っ直ぐにその上にお腹を入れる感覚で骨盤を立てます。
(お尻を出し過ぎないように注意です)
・あごを引きましょう

良い歩き方であるこう!

前に上げた綺麗な立ち方をキープしましょう。
・つま先に重心をかけちゃダメです。かかとから地面に着くようにし、かかとで地面を押し出しましょう!
・ひざをあまり曲げないように歩きましょう
・足の指、腹全体を使って歩きましょう
・歩くときは内ももを意識しましょう
・体に一本の棒が通っているような気持ちで真っ直ぐにキープ!
・無理なく歩ける靴を選びましょう

負担のかかる歩き方をしていると徐々に骨盤が開いてしまい
歪みを引き起こし、歩き方が悪くなってしまいます。
私たちが普段使っている靴にも実はかなり負担があったんです。
負担のある靴は無駄な筋肉を使ってしまい、下半身の太りやぽっこりお腹を引き起こす
原因となってしまいます。
なのでブカブカな靴や反対にきつくて痛い靴などもダメです。
気を付けるようにしましょう!
特にウォーキングを日課としている人は靴選びも気を使いましょう。

まとめ

いかがでしたか?
始めは難しく、きついと感じるかもしれません。
でもやり続けていたら慣れてしまいキツさも薄れてしまいます。
まずはウォーキング効果がある20分を目標にし続けていきましょう。
続けていたらおのずと足も細くなり美脚を手に入れられます。

また続けることが出来たら次はウォーキングの質をもっと高めていきましょう。
力を入れすぎたら余分な筋肉がついてしまいます。
リラックスしてウォーキングするようにしましょう。
そしてリラックスできたら呼吸にも注目です。
一つ一つの呼吸を深くすることが出来たら
ウォーキングの質が高くなっていきます。

歩くことと言ってもとても奥が深いです。
めげずに続けていきましょう!

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)