ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

日本安全食料料理協会口コミ評判

約 1 分
日本安全食料料理協会口コミ評判

日本安全食料料理協会とは?

食べ物や調理方法が安全・安心であることは食を楽しむ上での最低限の基準かつとても重要であるといえます。食品に関して問題や偽造が発覚すると、それらに対する人々からの信頼は一気に離れていってしまいますよね。そのため、安全な食べ物を安全な調理方法で提供する方法をちゃんと理解している人は世の中では常に求め続けられる存在なのです。しかし、そういった知識は一朝一夕で身につけるのは難しいですよね。

今回紹介する日本安全食料料理協会は、そんな食品・料理技術に関する各種のスキルが一定レベル以上であることを認定する数多くの検定を行っている機関です。

日本安全食料料理協会がおすすめの理由

料理のレシピは今や簡単にインターネットなどで入手することができますが、理論に裏打ちされたしっかりとした食に関する知識をこれらのメディアから簡単に入手することはなかなかできません。また、独学でこのような知識を身につけるにしても、「食」という膨大なテーマを前にすると何から手をつけてよいのか途方に暮れてしまいますよね。

日本安全食料料理協会では、単に検定を実施しているだけではなく、検定対策の講座を実施するための認定校制度が設けられているため、初心者でもこのような学校に通うことでゼロから学びたいスキルの学習をスタートすることができます。もちろん、検定合格に向けたサポート体制はバッチリなので、ただ知識として学んで終わりということではなく、合格に向けて技術の向上を図ることで自然と実践的な力が身につくようになります。合格すれば公式に検定取得者としてアピールできるため、独立して資格を活かすという道も見えてきますね。

しかも、試験はインターネット経由でどこでも受験可能です。家を離れることのできない主婦や地方に住んでいる人にとって、会場に足を運んで試験を受けるのはなかなか大変です。しかし、日本安全食料料理協会が実施する本試験はすべてインターネット経由で実施されているため、自宅にいながらいつでも受験することができます。

また、実施される試験に見事合格することができれば資格保持者として認定を受けることができます。協会に別途申請を行えば、合格認定証や認定カードを発行することもできます。これらの認定証やカードがあれば、必要に応じて有資格者であることを簡単にアピールすることができてとても便利です。

日本安全食料料理協会で取得できるおすすめ資格3選

では、実際に協会ではどのような資格を取得することができるのでしょうか。ここではオススメの資格を3つピックアップして紹介します。

これを参考に、自分の興味や分野に合ったところから学習をスタートしてくださいね。

和食エキスパート認定試試験

和食エキスパート認定試験は、出汁をはじめとする食や和包丁などの道具の種類について学び、また煮物など和食料理の作り方などを学ぶことを通じて、基本的な和食に関する知識や技術を持っていることを認定する試験です。まずは日本の料理である和食を基礎から学んでいきたい方にはぴったりの資格です。資格取得後は講師として自宅で料理教室を開くことも夢ではないかも!

紅茶アドバイザー認定試験

紅茶アドバイザー認定試験は、美味しい紅茶の淹れ方についてはもちろん、茶葉の知識やカップ・ソーサーの選び方からオリジナルのブレンド方法まで紅茶に関する幅広い知識を有していることを証明する試験です。より実践的な知識を身につけたい方には上級の紅茶マイスター認定試験にステップアップすることができます。

漢方コーディネーター認定試験

漢方コーディネーター認定試験は、漢方の思想から漢方薬の診断方法まで、漢方と漢方薬に関する知識が一定以上あると認められる人に対して認定される資格です。歴史や思想などの基礎から漢方をじっくり学べる機会はなかなかないため、これを機に漢方のマスターを目指してみてはいかがでしょうか。

これ以外にもワインやコーヒー、ハーブなど様々なジャンルについて、全部で10種類以上の検定が用意されています。ひとつずつ合格していけば、食に関して確かな知識・技術を身につけることができますよ。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)