ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

札幌市豊平区にある西岡公園~湿地帯植物などの自然満載の公園~

約 1 分
札幌市豊平区にある西岡公園~湿地帯植物などの自然満載の公園~

西岡公園 札幌市豊平区

水源地を中心に作られた公園。明治期に旧陸軍の水道施設として作られ、46年にその役割を終えました。現在は札幌市が経営を引き継いでいています。「ふるさといきものの里100選」にも登録されている水辺の公園としてバードウォッチングや自然観察の場としても、広く親しまれています。水源が中心なので湿地帯にいる水芭蕉などの植物や動物など見ることもでき7月には蛍を見ることもできる魅力と自然にあふれる公園です。

西岡公園の基本データ

・住所:北海道札幌市豊平区西岡544

・入園料:無料

・営業時間:通年

・定休日:無

・駐車場の有 約50台 (無料)

・交通アクセス

地下鉄南北線「澄川駅」から中央バス西岡環状線[澄73]乗車,「西岡水源池」下車,徒歩1分

地下鉄東豊線「月寒中央駅」から中央バス西岡月寒線[月82]乗車,「西岡4条14丁目」下車,徒歩15分

ガイドウオーク

公園のスタッフが園内の見所、見ごろの植物などを教えてくれます。

日時:毎週金曜日

期間:4月下旬~10月

申し込み:不要 参加費:100円

13時までに公園事務所に集合

登録文化財 取水塔

貯水池には、尖った赤い屋根の洋風な外観が印象的な取水塔がある。

平成13年に国指定の登録文化財になったトタン菱形葦取水塔。

今は使用されていないが、2001年には国の有形文化財に登録された西岡公園のシンボル的存在。

蛍情報

西岡公園の駐車場から5分くらい行ったとこで蛍を見れます。見ごろは7月下旬。

時間は7時~9時ころ、暗くなりすぎると蛍はいません。湿気が好きな性質があるので雨上がりの涼しい時に行くのがお勧めです。(車は駐車場にお泊めください)

注意点:

観察場所についたら明かりを消す。フラッシュ撮影禁止

蛍は絶対に捕まえない。

柵をこえたり遠路から外れない。(入れない場所では幼虫やら卵が産み付けられている可能性もあるので)

ごみは持ち帰りましょう。マナーを守って蛍鑑賞をお楽しみください。

西岡公園でのウオーキングの魅力

ウオーキングをするのには、東京ドームの5倍くらいの敷地、木道もあり、また整備された歩道とは違う魅力がある公園だと思います。冬になると雪などで通行止めになったりするのもあるので、無理して行こうとしないでください。季節としては4月くらいから11月くらいがお勧めではないでしょうか。登録文化財やバードウオッチング鑑賞も楽しめる公園です。水源地の周りということもあり、植物や動物やいろいろ見所は満載。調べるよりちくちょく知っている人に教えてもらえるガイドウオークで公園の魅力を十分に感じて、好きなルートをきめてウオーキングされるのもまた良いかと思います。木道は入れませんが犬同伴でも大丈夫な公園ですので愛犬と共にウオーキングを楽しんでる人もいるでしょう。水源地に沿って何週かしたりするのも、また他の公園と掛け持ちして歩くのもいろいろな楽しみ方があります。夏は蛍。秋はもみじ。冬は雪(水源地のほうでは歩きときに十分にお気をつけください)一年を通して様々な自然を堪能しながらウオーキングを楽しんではいかがでしょうか。

公園だけではなく札幌市でウオーキングを推奨するグループなど結構あります。探すと西岡公園経由のコースもありますので是非一度探してみてください。

※ヒグマが出たという情報もあります。事務所に問い合わせて情報を確かめてから行動するようにしてください。

お問い合わせ:011-582-0050 西岡公園管理事務所

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)