ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

神奈川県の湘南ふじさわウォーキングを紹介!藤沢・村岡の夏の魅力とは?

約 1 分
神奈川県の湘南ふじさわウォーキングを紹介!藤沢・村岡の夏の魅力とは?

湘南ふじさわの四季 藤沢・村岡の夏

神奈川県藤沢市で行われる、湘南ふじさわウォーキング協会の例会であります。湘南ふじさわウォーキング協会では、いつでも自分の好きなときにマイペースで歩けるコースを開設されております。この「湘南ふじさわの四季」のシリーズもその一つであります。藤沢市は、北から南へ流れる境川と引地川、東西へ続く湘南海岸、緑の江の島など、自然環境に恵まれています。また、古くから門前町、宿場町、江の島詣の足場として発展してきた古い歴史もあります。こうした背景をもとに協会では、いろいろなウオーキングメニューを用意し、みなさまのお出でをお待ちされております。今回は、境川で少し早いあじさいを楽しみ、大鋸の高台へふだんは通らないルートで上がります。旧モーガン邸に立寄った後、柄沢の土地区画整理地を巡り、川名の清水谷戸へ。ゴールの新林公園へも変わったルートで入ります。

朝湘南ふじさわの四季 藤沢・村岡の夏の詳細

開催場所 神奈川県藤沢市
郵便番号 251-0024
事務局 神奈川県藤沢市鵠沼橘2-5-5 湘南ふじさわウォーキング協会
電話番号 0466-28-2052
FAX番号 0466-86-5111
PR 境川で少し早いあじさいを楽しみ、大鋸の高台へふだんは通らないルートで上がります。旧モーガン邸に立寄った後、柄沢の土地区画整理地を巡り、川名の清水谷戸へ。ゴールの新林公園へも変わったルートで入ります。
開催日 6月 小雨決行
距離 10km
集合 御殿辺公園(小田急 藤沢本町駅から7分)
受付 8:30~9:00
コース 御殿辺公園→境川→藤沢バイパス西富歩道橋→旧モーガン邸→柄沢公園→弥勒寺跨線橋→川名清水谷戸→新林公園(昼食不要)
解散 新林公園 12:00頃(JR・小田急 藤沢駅へ10分)
参加費 ○FWA・KWA 200円
○他協会 300円
○一般 500円

湘南ふじさわの四季 藤沢・村岡の夏のまとめ

藤沢市は、神奈川県南部中央の相模湾に接する市。湘南と呼ばれる地域の中心都市であります。全国的に有名な江の島(江ノ島)、片瀬・鵠沼・辻堂海岸を有し観光都市としての性格も併せ持っております。江戸時代には鎌倉仏教の一つである時宗総本山である清浄光寺(遊行寺)の門前町として、東海道の6番目の宿場町・藤沢宿、また江ノ島詣の足場として栄え、その姿は歌川広重の東海道五十三次にも描かれております。南部の鵠沼・片瀬地区は明治時代中期より日本初の計画別荘地として開発され、大正期以降、皇族や政治家、数多くの学者や文化人などが居を構えた事で、別荘地・保養地・避暑地として発達し、芥川龍之介、武者小路実篤、岸田劉生ら多くの文化人の創作活動の場となりました。また、市の南部に位置する鵠沼海岸は、古くより海水浴場が開かれ、現在は片瀬西浜・鵠沼海水浴場として日本一の海水浴場として知られ、日本におけるサーフィン、ビーチバレー発祥の地でもあると言われております。こうした歴史、文化の背景に加え風光明媚な土地であり、まさにウォーキングにはこれほどのもってこいの場所はないと言ってもいいほどであります。今回の御殿辺公園→境川→藤沢バイパス西富歩道橋→旧モーガン邸→柄沢公園→弥勒寺跨線橋→川名清水谷戸→新林公園のコースでは、「旧モーガン邸」が見どころではないでしょうか。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)