ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

北海道のえこりん村の銀河庭園やアルパカが可愛い牧場を大紹介!

約 1 分
北海道のえこりん村の銀河庭園やアルパカが可愛い牧場を大紹介!

えこりん村 北海道 恵庭市

びっくりドンキーで知られる株式会社アレフによって、2006年に開園。約40haの敷地には、30のテーマガーデンがある「銀河庭園」、アルパカや羊たちを間近で見ることが出来る「みどりの牧場」のほか、レストラン、ガーデンセンターで構成されます。廃材を利用したガーデンや生ごみ処理機、地中熱ヒートポンプ、無水トイレの設置など、花や動物たちと遊びながら、これまで私たちが考え、実践してきた自然への理解や環境問題への様々な対応策、文化的な試み、そしておいしく健全な食の提案などを展開し、「未来の子供が幸せに暮らすために今必要な情報発信をすること」と環境問題への関心を高められるテーマパークです。

えこりん村基本データ

・住所:北海道恵庭市牧場277-4

・入園料:銀河庭園&みどりの牧場 ・グリーンシーズン 有料

●大人 1200 中学生以下 600円 65歳以上 1000円 障害者/介護者 600円

●大人1名につき 5名まで(中学生以下)無料) ※年間パスポート 2400円 (※冬季 500円)

レストラン・ガーデンセンター 無料

・営業時間:4月下旬〜9月下旬 9:00~17:00 営業時間詳細
10月〜11月 9:00~16:00

・定休日:11月~4月中旬まで冬季休業 施設により 不定休

・交通アクセス:JR恵庭駅から無料バスで約15分

道央自動車道恵庭ICから約3分

・駐車場の有無:無料

えこりん村の見所

●銀河庭園(有料)

10ヘクタール(札幌ドーム約2つ分)の広大な敷地に30のテーマガーデンが並ぶ銀河庭園。
そこには約1,000種類もの植物が植栽され、季節毎に咲き変わる草花によりテーマーガーデンは常にその表情を変えていきます。まるで絵本の中にいるような日々移り変わる花々の美しさを楽しむことができます。

ロズビィのバラ畑では食べるバラを育てていたりします。

●みどりの牧場

みどりの牧場はどうぶつ達と出会える広場です。
アルパカのナナちゃんをはじめ、スマイルヒツジのハッピー君(写真)やヤギ、ラマ、ミニュチュアホースなどを見ることができる。

●世界一大きいトマトの森

2013年11月10日に 世界一大きなトマトの木「The largest tomato plant」として世界記録に認定されました。

●えこりん村学校

親子同伴で森・羊・野菜・米の4つのコースイベントがあります。(小学生対象)知っているから実際体験することで子供達の未来を明るくなるのが目的で募集されています。 (開催日前日まで受付・人数制限あり)

詳しい詳細

えこりん村イベント

●羊毛クラフト体験 6月初旬~下旬(1000円・1500円)  問い合わせ:0123-34-7800

●バラ祭り 6月下旬から7月初旬 その他イベントあります→こちら

えこりん村でウオーキングの魅力

ウオーキングするには全敷地面積が40ヘクタールあるので十分な距離はあるかと思います。銀河庭園や緑の牧場などは有料ですが村に入るのは無料です。銀河庭園などが見所も多いので入場料が少しかかりますが、銀河庭園だけでも全体をまなく回ると90分コースです。1日では回りきれないのではないでしょうか。動物や植物やバラなど見所は満載。北海道にお住まいの方やよく旅行で北海道にこられる方は年間パスポートがお得です。自分たちで農作物を育てているので安心した食材でおいしくリーズナブルに食事を楽しめるレストランや農作業や羊のけがりなどを体験できるえこりん村学校。週末やイベント日にあわせて親子連れが多く訪れているのは間違いないでしょう。個人的にお勧めの時期は6月下旬から7月中旬です。普通なら5月下旬から満開になるバラは北海道の気候の関係で一ヶ月ずれています。食べれるバラもあるとのことで行ってみたいロズビティバラ園。銀河庭園野中にあり絵本の中にある世界を感じられるでしょう。みどりの牧場では可愛い顔のあるかぱくんや羊に癒され、北海道は日本ですが、イギリスや海外に遊びに来たのかと錯覚するくらい素敵な場所です。冬にも一部開放されているとのことです(冬季料金:500円)。そんなえこりん村でウオーキングを楽しんではいかがでしょうか。車でこられるのが行きやすいのもありますが、車がない方は無料の送迎バスもあります。魅力いっぱい、えこりん村お勧めします。

お問い合わせ:0123-34-7800 えこりん村サポートセンター(9:30~17:00)

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)