ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

北海道の道立自然公園キャンプ場や桂沢湖、指定植物、紅葉が人気!

約 1 分
北海道の道立自然公園キャンプ場や桂沢湖、指定植物、紅葉が人気!

道立自然公園 野幌森林公園 北海道江別市

北海道100年を記念して自然公園として指定されました。面積2000ヘクタールあり札幌市・江別市・北広島市の3市にまたがる野幌丘陵に位置している森林公園。公園内の約8割が国有林で、鳥獣保護区になっている。 樹木約110種、野草400種以上、キノコ200種以上、野鳥140種以上、昆虫1300種以上のほか、エゾリスやユキウサギなどが生息する。1977(昭和52)年には、昭和天皇の在位五十周年を記念した「昭和の森自然休養林」に指定されました。散策コースなども充実。北海道の開拓につくした先人の苦労への感謝と、未来を創造する道民の決意を示すためにつくられた100年記念塔(全長100メートル)をはじめ自然ふれあい交流館や博物館など施設も作られ、大都市に近いとは思えない自然を満喫できる森林公園になります。

野幌森林公園基本データ

・住所:北海道札幌市厚別区厚別町小野幌,江別市西野幌

・入園料:森林公園は無料 施設により有料

・営業時間:終日開放

・定休日:無

・交通アクセス:JR函館本線「森林公園」 ~徒歩20分
・地下鉄東西線・JR線「新さっぽろ(札幌)」 ~ジェイ・アール北海道バス(22・新22)

「開拓の村入口」「野幌森林公園」「記念館入口」「開拓の村」下車、すぐ

・駐車場の有無:駐車場(記念塔前254台、博物館74台、開拓の村前400台  (9:00~17:00)

(11月上旬~3月は閉鎖し、付近に若干の駐車スペースを用意しています)

野幌森林公園内の施設

100年記念塔

1970年(昭和45年)9月に完成した北海道の開拓につくした先人の苦労への感謝と、未来を創造する道民の決意を示すためにつくられた記念塔。高さは100mあり8階に展望室が設置されています。平面的には雪の結晶の原型である「六角形」を、立体的には未来への発展を象する「相対する二次曲線」をあらわしています。

※現在、危険防止のため百年記念塔及びその周辺への立入を禁止しています。

開拓記念館総務課(電話:011-898-0456)

自然ふれあい交流館(大沢口)
2001年(平成13年)春にオープンした自然学習のための施設で、入館は無料。約二千冊の図書類で自然学習のヒントを探したり、休憩や食事の場所としても利用できます。四季を通じて自然観察会やガイドツアーを実施しているほか、総合学習などの場としても利用されています。

9:30~16:30(5~9月:9:00~17:00)
休館日:月曜日・国民の祝日(一部は開館)・12/29~1/3 連絡先 011-386-5832

開拓の村
明治・大正時代につくられた建築物を復元・再現した野外博物館です。

9:30~16:30(6月-9月 9:00~17:00) ※入場は閉村の30分前まで

村日 月曜日(祝日のときは翌日が休村、7/1~10月第1月曜日は無休)・12/29~1/3

連絡先 011-898-2692

入村料 ・夏期(4-11月)    高校・大学生 610(550)円  一般 830(680)円

・冬期(12-3月)    高校・大学生 550(480)円 一般 680(550)円

その他 
埋蔵文化財センター、北海道博物館などがあります

野幌森林公園でウオーキングの魅力

ウオーキングするには、登山気分を味わえるのではないでしょうか。散策コースも準備されているので使用にあわせて散策しながらウオーキングを楽しめます。短いコースで森に触れたい方は大沢口~大沢園地・記念塔口~瑞穂の池
が距離も3キロ~5キロほど。桂コースは約2キロ大沢口周辺には、カツラ・ハリギリ・ハルニレなどの大木からなる森があります。大きいものでは太さが1m以上になる大木が見られます。大沢・瑞穂池・登満別の各園地や記念塔前広場にはベンチ等があり、お弁当を食べることができます(トイレもあります)。その雰囲気に合わせた散策コースをお楽しみできるかと思います。森林なので整備などされているかはわかりません。登山をする感じだと思ってください。ウオーキング服装は長袖長ズボンをお勧め。また夜のウオーキングはしないようにしてください。ウオーキングをする時間としては休憩やトイレなどを考えると施設などが開いている時間帯にウオーキングしながら散策をするのがよいでしょう。また冬は雪に覆われますがスキーで歩くことができます。早さなどを楽しむのではなくてゆっくり雪を楽しんだりするのも魅力ではないでしょうか。虫がでないのは冬なので虫が苦手の人はスキーウオーキングを試してみても面白いかと思います。札幌ではなく野幌森林公園是非いかれてみてださい。

011-898-0456 (北海道博物館)
011-385-5832 (自然ふれあい交流館(公園内の自然情報)

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)