ウォーキングの消費カロリーは?ダイエットにはカロリー計算は必須

約 1 分
ウォーキングの消費カロリーは?ダイエットにはカロリー計算は必須

ダイエットをするには、摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やさなければいけませんから、カロリーコントロールが必須です。

食事量に気を遣い、運動をすることで効率的なダイエットが可能になりますから、しっかりと計算をして取り組みましょう。

ウォーキングの消費カロリーは低いのですが、誰にでも出来る運動ですから、運動不足の方や運動が苦手な方でも手軽に始められます。

今回はダイエットに必要なカロリーの計算方法についてご紹介しましょう。

ダイエットにウォーキングが良いと言われる理由

ダイエットや健康の為に早朝から歩いている人を良く見かけますが、それだけウォーキングにはメリットがあるということになります。

ウォーキングをすることで、体内に蓄積されている脂肪を燃やし、筋肉を付けることが出来るので、基礎代謝を向上させることが可能です。

基礎代謝が上がると太りにくい体質になるので、スタイルを維持する意味でもウォーキングは役立ちます。

また、日頃のストレスが太る原因になるのですが、ウォーキングは気分転換にも最適であり、ストレスを解消させる役割にも期待出来るので、是非取り組んでみましょう。

ダイエットに必要なウォーキングの時間

ウォーキングでダイエットをするには最低でも20分以上続けなければいけません。

運動を始めて脂肪が燃え始めるには、20分ほど必要ですから、それ以上の時間をウォーキングに充てなければ効果が無いのです。

歩く時間を長くするほど、脂肪を燃やす時間も増えるので、まずは30分を最低の目標にして続けてみましょう。

これを毎日続けて行き、少しずつ時間を伸ばして行くと体が慣れてきます。

自分のペースで歩くことが大切ですから、無理をしないように続けてください。

ウォーキング毎日続けて行くには、体調が悪い日は休むことも大切です。

消費カロリーの計算方法について

では、ウォーキングをすることでどれくらいのカロリーの計算が消費されるのか計算してみましょう。

消費カロリーの計算をするには以下の式に数値を当てはめてください。

消費カロリー(kcal)=体重(kg)×歩く距離(km)

これが計算式であり、簡単に消費カロリーを求めることが出来ます。

例えば体重が50kgの人が、5km歩いたとすると、50kg×5km=250kalという感じです。

そして、カロリーを消費するのに必要な時間をしることもスケジュールを調整する為には知っておかなければいけません。

人が歩く速さは、だいたい時速5~6kmと言われていますから、250kcalを消費するには約1時間かかるということになります。

摂取カロリーを減らすには食事制限をする

ダイエットをするには、食事制限が欠かせませんから、カロリーを減らす努力が必要です。

食事制限をするとは言っても食事を抜く訳ではなく、食べる量を減らしたり、体に良い物を食べながらカロリーを減らす方法になります。

食事を抜くと一時的に体重は落とせますが、リバウンドする可能性が高まるだけではなく、ストレスで逆に食べ過ぎてしまうこともあるのです。

間食や味が濃い物、油っこい物をさけて、バランスの良い食事を心がけましょう。

肉、魚、野菜をしっかり摂り、健康的なメニューにすると効果的です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA