春夏秋冬!季節に合わせた服装を選んでウォーキング

約 1 分
春夏秋冬!季節に合わせた服装を選んでウォーキング

ウォーキングをするには、動きやすい服装で出かけなければいけませんが、季節に合わせた服装選びも大切です。

日本には四季がありますから、夏には暑さに注意をし、冬には寒さ対策が必要になります。

また、ウォーキングは屋外で行うスポーツですから、人とすれ違うことも多いので、オシャレにも気を遣わなければいけません。

移り行く季節を肌で感じながら、ウォーキングを楽しみましょう。

ウォーキングの基本的な服装

ウォーキングをすると汗をかきますから、アンダーウエアには特に機を遣いましょう。

汗を吸いやすい吸湿性が高いものや、速乾性があるものが最適です。

アンダーウエアが水分を含んだままでいるとウォーキング中は気持ちが悪く、寒い冬の場合には体を冷やしてしまい、風邪をひいてしまう原因になります。

快適なウォーキングが出来るように、アンダーウエアにも気を遣いましょう。

そして、基本的な服装としては、上下とも体を動かしやすいものが適しており、気候に応じて帽子や手袋といったアイテムも必要になります。

春と秋のウォーキングに最適な服装

春と秋は寒くも暑くもない気候ですから、同じような服装で問題ありません。

しかし、気候が変化する時期ですから、暑さや寒さに対応出来るように準備をしましょう。

パーカーやウインドブレーカーを一枚重ねると、脱いだり着たりするのが簡単ですし、急な温度の変化にも対応出来ます。

ウインドブレーカーには撥水性があるものが多く、急な天気の変化にも便利です。

夏のウォーキングに最適な服装

1年の内で一番気温が高く、湿度も高いですから、服装に求められる機能も多くあります。

通気性、速乾性、吸湿性、吸水性があるものを選び、長時間ウォーキングをする場合には着替えが必要です。

汗を吸い込んだ服は重くなるだけではなく、ニオイやべたつきなど不快感がある状態でウォーキングをしなければならず、楽しめなくなってしまいます。

屋外は暑いので薄着でも構いませんが、紫外線が強いですから、帽子やサングラス、日焼け止めクリームが欠かせません。

夏場は服装も大切ですが、熱中症には十分な対策をする必要がありますから、こまめな水分補給をしましょう。

冬のウォーキングに最適な服装

朝のウォーキングは寒くて辛いものですが、時間とともに体は温まってきます。

それでも防寒対策は必要ですから、保温性能が高い素材の服装を選び、重ね着をしたり防寒着を着用してください。

また、寒さで足の感覚が鈍くなるので、温かい素材の靴下を着用すると効果的です。

出来るだけ肌が露出しないようにするには、ニット帽、ネックウォーマー、手袋、耳当てといったアイテムが有効ですから活用しましょう。

オシャレをしてウォーキングを楽しむ

スポーツ用品店に行くと、オシャレなデザインのウォーキングウエアが豊富に揃っています。

人目に付く場所をウォーキングする場合には、オシャレにも気を遣いましょう。

ウォーキングには気分転換の効果があり、服装やアイテムを気分によって変えてみるなどして、ファッションにこだわるのもウォーキングを楽しむポイントです。

ウォーキングでダイエットが出来ると、さらに楽しみが待っていますから、地道な努力を続けてください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA