自律神経の乱れはウォーキングで改善!?

約 1 分
自律神経の乱れはウォーキングで改善!?

人が健康に過ごす為には、「自律神経」が正常な状態で機能する必要があります。

自律神経という言葉を聞いた事があっても、詳しく理解している人は少ないのではないのでしょうか。

今回は、自律神経についての説明や、自律神経が乱れると見られる症状、又、自律神経を整えるために「ウォーキング」が効果的だという事を紹介していきます。

自律神経とは?

自律神経とは、脳、脊髄から分かれ、全身に広がる神経です。

自律神経は自分の意思とは関係なく働く神経で、自分の意思でコントロールできるのが、体性神経と呼ばれ、運動神経や知覚神経が体性神経の一種となります。

自律神経は、血管や内臓の働きを支配しており、食べ物を食べた後は、胃腸が働き、消化、吸収されます。

心臓が脈動したり、呼吸によって酸素が肺に取り込まれるのも、自律神経の働きが関わります。

自律神経とは、消化や体温調整といった生命維持のコントロールを行う大切な神経なのです。

自律神経が乱れるとどうなる?

生命維持のコントロールを行う自律神経が乱れるという事は、「交感神経」と「副交感神経」が乱れるという事を指します。

交感神経は主に、心身を緊張や興奮状態にさせ、副交感神経は、リラックス状態にします。

基本的には交感神経は昼間に優位になり、副交感神経は体が休息状態になる、夜や食事中が優位になるというリズムですが、生活リズムが不規則になると、自律神経が乱れてしまうのです。

この交感神経と副交感神経のリズムが乱れてしまうと、免疫力が低下したり、心身が緊張や興奮状態になる交感神経が常に優位になり、不調や病気を招きやすくなってしまいます。

なぜ自律神経は乱れるのか?

自律神経が乱れる大きな原因は「生活習慣の乱れ」と「ストレス」です。

ストレスというのは、時にはやる気を上昇にも繋がりますが、過度なストレスは交感神経と副交感神経のバランスを崩してしまいます。

交感神経の働きによって目覚めるはずの時間に寝ていたり、逆に、副交感神経の働きによって、体が休息状態に入っているのにも関わらず、夜更かしをするといった生活習慣の乱れが自律神経を乱してしまいます。

このストレスと、生活習慣の乱れを改善する最適な方法が「ウォーキング」なのです。

なぜ自律神経の乱れ改善にウォーキングが効果的なのか?

ウォーキングにはストレス改善作用に大きな期待が持てます。

朝のウォーキングであれば陽の光を浴びる事で、「セロトニン」という物質が活性化されます。

これは、気持ちを前向きにさせたり、活動意欲を高める物質と言われており、日中の仕事や学業もスムーズに取り掛かる事が出来ます。

毎朝ウォーキングを行う事で、正しい生活習慣も身につきます。

夜のウォーキングでは、その日のストレスを発散する作用に期待が持てます。

更に、適度な運動で疲れた体は睡眠の質を向上させ、副交感神経が優位な状態に自然に切り替える事が出来ます。

自律神経が乱れると思わぬ病気を招く可能性もあります。

そうならない為にも日頃からストレス緩和や、生活習慣を整える必要があります。

自律神経の乱れで不調を招いている可能性がある場合は、心療内科や神経科、精神科などを受診する事をお勧めします。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA