朝と夜、ウォーキングを行うならどちらが良いのか!?

約 1 分
朝と夜、ウォーキングを行うならどちらが良いのか!?

「適度に体を動かしたい」「ダイエットがしたい」そういった理由で1日の生活の中に「ウォーキング」を取り入れようと考えます。

仕事、子育て、家事などで忙しい中、ウォーキングを取り入れるなら、どの時間帯が一番効率的か、とても悩む所です。

今回は、限られた時間の中で、効率的にウォーキングを行うには、朝と夜、どちらの時間帯が良いのかを紹介します。

朝と夜、ダイエット効果には差があるのか!?

この質問に対しての答えは「特に差はない」です。

と言うのも、ウォーキングダイエットの成果は個人の歩行時間、歩行距離といった「運動量」によって決まります。

同じ時間、同じ距離を歩く、ウォーキングを始めるタイミングが同じ(食後○○分後など)という条件下では、朝でも夜でもダイエット効果には差はないのです。

ウォーキングで効果を得るためには、「継続的に行うこと」が一番大切なので、自分が「この時間だったら無理なく続けられる」という時間帯がベストな時間と言えます。

朝と夜、それぞれのメリットやデメリットを紹介します。

朝ウォーキングのメリット、デメリット

朝日を浴びる事で「セロトニン」という物質が活性化されます。

これは、気持ちを前向きにさせたり、活動意欲を高める物質と言われています。

朝ウォーキングを行うとセロトニンが活性化し、日中の仕事や学業などの生産性が向上します。

又、朝のウォーキングが習慣化するとか、規則正しい生活を送る事ができます。

デメリットとしては、朝が苦手な人にとってはもちろん朝から運動するというのは、苦痛になってしまいます。

その為、継続性に欠けてしまったり、体が目覚めない内に運動をした所で、十分な運動効果が得られないという事もあります。

早起きが定着してくればウォーキングの習慣化も可能ですが、それが出来なければ習慣化しない事はもちろん、日中の仕事や学業にも支障をきたす可能性もあるでしょう。

夜ウォーキングのメリット、デメリット

続いて、夜ウォーキングのメリット、デメリットを紹介します。

夜の運動というのは「時間の確保がしやすい」というメリットがあります。

日中は子育てや家事で忙しい主婦でも、子どもが寝静まった時間からウォーキングを始める事ができますし、「無理に生活リズムを変えなくて良い」というメリットもあります。

又、日中の仕事や学業のストレスを発散して、1日のリセットができるというメリットもあります。

ウォーキングはリズム良く歩く運動で、このようなリズム運動は気持ちを前向きにしたり、ストレス解消、ストレス緩和にも繋がります。

その日のストレスをその日で解消し、スッキリした気持ちで翌日を迎えられるのは大きなメリットでしょう。

夜ウォーキングのデメリットは、事故の危険性が高まるという事です。

ウォーキングコースにもよりますが、場所によっては暗い道で、車が気づきにくいという事もあります。

いくらこちらが気をつけていても、相手が気を抜いていたら思わぬ事故に遭う、という事も考えられます。

又、事件が起きるのも圧倒的に夜が多いです。

特に女性の方は、思わぬ事件に巻き込まれる可能性がある、という事も頭に入れておかなければなりません。

夜のウォーキングは、防犯対策が必要です。

個人の運動量によって、運動効果の現れ方は異なるので、ウォーキングは「朝の方が良い」「夜の方が良い」というのはありまえん。

ですが、ウォーキングを行う時間帯によって、それぞれメリット、デメリットがあるので、これらを考慮した上で、自分のベストな時間帯を見つけて下さい。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA