ウォーキング時の服装は機能性やデザインにこだわろう

約 1 分
ウォーキング時の服装は機能性やデザインにこだわろう

ウォーキングは、年中通して気軽に楽しめる人気の高い運動で、ダイエット目的で取り組む人も多いです。

いくら気軽に行えるからと言って、部屋着や学校指定のようなジャージで歩くのは抵抗があります。

特に女性の場合だと、周囲の目なども気になり、服装や身につけるアイテムにもこだわりたいものです。

これからウォーキングを始める人や、すでにウォーキングを始めている人で、ウォーキング時の服装に困っている人へ、適した服装選びをしょうかいします。

ウォーキングに適した服装とは!?

ウォーキングに限らず、運動をする場合は「動きやすい服装」というのが基本になります。

ですが、「自分が動きやすいと思えば、何を着ても良いの?」と言われると、そうでもありません。

スポーツ関連のウェアやシューズ、アイテムなどにはそれぞれ独自の機能が備わっており、その特性を活かすことで運動効果を高める事もできます。

ウォーキング時に適した服装と、その効果を紹介します。

足の負担を軽減したり、歩行の安定を保つ「ウォーキングシューズ」

ウォーキングを行うのに欠かせないのが、「ウォーキングシューズ」です。

ランニングシューズは聞いたことがあるけど、ウォーキングシューズはあまり馴染みがない、という人も多いのではないのでしょうか。

歩行時、足が地面へ着地する時に足にかかる負担は、通常の3倍と言われています。

ウォーキングは気軽な運動と言われていても、足や腰へ負荷がかかる運動です。

ウォーキング初心者の多くは、普段履きしているシューズやスニーカーでウォーキングを行う人が多く、足への負担をもろに受けているのです。

ウォーキングシューズは、クッション性や耐久性に優れた作りになっており、歩行時の足や腰への負担を大幅に軽減してくれます。

メーカーによっては、オシャレなデザインのウォーキングシューズを豊富に取り揃えているので、足や自分の体を守るという意味でも、必須なアイテムとなります。

速乾、吸汗性に優れた「スポーツウェア」

ウォーキング時、部屋着や普段着のTシャツなどで歩いていませんか。

もちろんダメではありませんが、Tシャツなどは速乾、吸汗性には優れていません。

特に夏場のウォーキングでは、汗をかいた後に濡れたままのTシャツでは体を冷やしたり、衣服内に熱気がこもり、熱中症になる危険性も高まります。

そこで、おすすめなのが「スポーツウェア」です。

スポーツウェアは速乾、吸汗性に優れているので、汗をかいてもすぐに吸収し、体を冷やす、熱気がこもるという事を防ぎます。

暑い夏でも快適にウォーキングを行うための、必須アイテムです。

肌の露出を防ぎ、足の疲労軽減効果もある「タイツ」

女性の場合は、ランニング用のパンツや、スカートがあります。

しかし、これだけだと足の露出が多くなり、抵抗がある方も多いでしょう。

そんな悩みを解決するのが「タイツ」です。

パンツやスカートの中からタイツを履くことで、足の露出を抑え、見た目もオシャレになります。

又、タイツの中でも「ランニング用のタイツ」がオススメです。

ランニング用のタイツは足を締め付けるように作られており、適度な締め付けるによって、血行を良くしたり、筋肉のブレを防ぎ、足への負担を大幅に軽減する効果があります。

大切な部分を守る「スポーツブラ」

女性が運動をする時、男性とは違って胸が邪魔をする事があります。

そんな時に役立つのが「スポーツブラ」です。

速乾、吸汗性にも優れているので、運動中の蒸れを防ぎます。

胸が揺れてしまうと、脂肪組織などにダメージを与え、胸が垂れる原因となるので、そういった女性の悩みを防ぐこともできます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA