ウォーキングダイエットの秘訣は「呼吸」にあり!

約 1 分
ウォーキングダイエットの秘訣は「呼吸」にあり!

ウォーキングがなぜダイエットに適した運動だと言われるのでしょうか。それは、ウォーキングが脂肪燃焼効果が得られる「有酸素運動」だからです。

有酸素運動とは、体内に多くの酸素を取り入れて、体内の脂肪をエネルギーとして使用する為に燃焼するといった働きがあります。

逆に筋トレなどの、瞬間的にパワーを爆発させる運動を「無酸素運動」と言います。

有酸素運動は体内に酸素を取り入れる必要があります。

酸素を取り入れる為に行う事は「呼吸」です。

今回は、ウォーキング時の呼吸について紹介します。

ウォーキング時に最適なのは「腹式呼吸」

心肺機能を高める「腹式呼吸」は、ウォーキング時の呼吸法としては効果的で、脂肪燃焼効果も高めてくれます。

ウォーキング時に腹式呼吸を行うポイントとしては「大きく息を吐き出す」という事です。

酸素を取り入れる事が重要なのに、「大きく吐く」とは矛盾している気がします。

しかし、しっかりと息を吐き出す事が出来なければ、新しい酸素を取り入れる事も出来ません。

成人男性であれば、1回の深呼吸で約4リットルの空気を肺に入れる事が出来るそうです。

それが呼吸が浅い人だと、1リットル程度しか空気を取り入れる事が出来ず、これだと腹式呼吸の恩恵を満遍なく受ける事が出来ません。

ウォーキング時の呼吸法は腹式呼吸で、しっかりと大きく吐き出す事を意識しましょう。

腹式呼吸は代謝機能を高める

腹式呼吸が上手に出来ていると代謝機能を高め、ダイエット効果も高めます。

腹式呼吸を行うと、みぞおち部分の横隔膜が動きます。

この動かされた横隔膜が内臓を刺激される事で血液循環が良くなり、代謝機能が高まるという仕組みです。

その効果は、胸式呼吸の約3倍程とされています。

更に、腹筋と背筋をより使う意識で腹式呼吸を行うと、広い範囲で横隔膜が動きます。

これにより、腹部の引き締め効果、便秘予防といった効果も期待ができるのです。

毎日のウォーキングに呼吸法を意識するだけで、これだけのメリットが得られるのは嬉しいですね。

「深い呼吸」を意識する

ランニングとなると、呼吸が乱れどうしても「浅い呼吸」になりがちですが、ウォーキングでは、「深い呼吸」を意識して下さい。

呼吸のリズムとしては、「2回吐いて2回吸う」が横隔膜の動きを促してくれます。

深い呼吸には、体の調子を整える効果や、リラックス効果、冷え性改善、免疫力向上、血液を下げる効果などがあり、深呼吸が良いとされるのはこれらの効果が得られるからなのです。

逆に浅い呼吸は体の不調を招くとされています。

緊張状態にある時は呼吸が浅いという経験があるかもしれません。

この時の状態はとてもじゃないけど、リラックスした状態ではなく、血の気が引いた状態や、冷や汗をかいた状態が近くなります。

浅い呼吸は、深い呼吸のメリットと真逆の効果を生み出すだけでなく、血中の酸素が不足する事で、代謝の低下、血行不良、肩こり、足のむくみなどの原因を引き起こしてしまいます。

又、免疫力の低下にも繋がるので、風邪やインフルエンザなどのウイルス菌に感染しやすくなる事があります。

ウォーキング時だけに限らず、普段の生活から深い呼吸を意識して行いましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA