ウォーキングマシンの価格帯別情報を知る!

約 1 分
ウォーキングマシンの価格帯別情報を知る!

自宅用のウォーキングマシンがあれば、「外に行くのは着替えもあるし面倒」という方や「雨が降ってるから今日はヤメ!」という問題を解決できます!もちろん、スピードを調節できるので安定したウォーキングができます。しかし、いざ自宅用にウォーキングマシンを購入するとなると、価格と機能を充分に知ることが、賢い買い物につながります。ここでは、価格帯別に、マシンの特徴や機能などを調べていきます。※価格は価格.com2017.12.27調べです。

1万円台のウォーキングマシン

1万円台のウォーキングマシンで検索したうちで、最安値がアルインコ製のプログラム電動ウォーカー5014 AFW5014でした。メーカー情報では、「ロコモ対策に自宅での運動を考えている方は、多いと思います。AFW5014 は、自宅で手軽に本格的なウォーキングが楽しめる電動ウォーカーです。しかも本体は組立不要で、軽量・コンパクトだから省スペースですぐに運動できます。機能はスピードが5km/h、傾斜角度は軽い坂道の約5度です。そして運動に不慣れな方のために、あらかじめプログラムが内蔵されています。自宅で手軽にウォーキングを楽しんでください。」と記されています。製品特徴では、・3種類のプログラム内蔵。・便利な組立不要と折り畳み機能!・傾斜は軽い坂道の約5度。・緊急停止機能付。・目標設定機能(時間)・キャスター移動可能となっています。※ロコモとは、運動器症候群(ロコモティブ シンドローム)

2万円台のウォーキングマシン

2万円台では、スライヴ製の電動ウォーカーおうちウォーク FD-081が売れ筋のトップでした。メーカー情報では、「シンプルでわかりやすい操作部です。速度調節では、速さも0.5〜6.0km/hの範囲で0.1km/hずつ調節できます。また、自動コースは、「のんびり/散歩コース」「しっかり/ウォーキングコース」「がっちり/早歩きコース」から選べ、その日の体調や気分に合わせて楽しめます。」機能としては、・ノーマルモードと自動モード3コースの選択ができる。・30分オフのオートタイマー機能。・心拍センサー装着で心拍数を表示。・メッツ(METs)の値を表示。・運動中の消費カロリーを表示。

3万円台のウォーキングマシン

3万円台では、アルインコ製のプログラム電動ウォーカー3014 AFW3014です。メーカー情報では、「健康づくりやシェイプアップに取り組みたいが、忙しくてなかなか時間が取れない方は多いと思います。電動ウォーカーのメリットは、時間や天候に左右されず、自宅で空いた時間を利用して本格的なウォーキングが楽しめることです。AFW3014は使いやすいシンプルウォーカーです。組立が不要、2種類のプログラムが内蔵、運動中に音声で速度の変化を伝える音声モード、衝撃を軽減するクッションラバーなど多彩な機能が皆さんの健康づくりをサポートします。機能はワンランク上、家族みんなで健康なカラダを手に入れましょう! 」となっています。製品特徴では、・音声ガイダンス機能付き。・面倒な組立不要。・余裕のあるベルトサイズとベルトロゴ 。・傾斜角度調節可能(約0/1/2 度)とクッションラバー搭載。・折りたたみ・キャスター移動可能。・大型表示メーター、とても見やすいホワイト液晶!・プログラムコース内蔵。・時間設定とクールダウンボタン。・心拍数の測定。・大きな操作ボタンとなっています。家庭用のウォーキングマシンでは、3万円台が人気筋となっています。4万円以上のウォーキングマシンもありますが、こちらはベルトの幅が広くなり安全面に配慮されています。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)