ウォーキングのダイエット効果を知る!

約 1 分
ウォーキングのダイエット効果を知る!

長時間継続して歩くことで有酸素性運動ができる手軽な運動がウォーキングです。有酸素性運動は継続時間が長くなるほど脂肪をエネルギーとして利用する比率が高まるので、体脂肪の減少による肥満解消や血中の中性脂肪の減少、血圧や血糖値の改善に効果があります。さらに運動することによる心肺機能の改善や骨粗鬆症の予防などの効果も見込まれます。ジョギングと異なり、常に足が地面についていますので、膝や腰の疾患を抱えている方でも傷害のリスクが少なく、精神面でも開始時のハードルが低い運動として人気があります。

効果を引き出すストレッチング

ストレッチあるいは柔軟運動(体操)とも呼ばれる筋肉の柔軟性を高め怪我の予防やリハビリ・疲労回復のための運動です。筋肉や関節の柔軟性を高めることを目的にした運動をストレッチングといいます。ウォーミングアップ(準備運動)として怪我の予防をしたり、クーリングダウン(整理運動)として疲労回復の手助けをしたり、筋肉や関節などの疾患の治療やリハビリに利用されたりします。また、仕事で同じ姿勢を取り続けていることが多い現代人には、緊張したままの筋肉を緩めることによるストレス解消効果が注目されています。ストレッチングは、ある方向に関節を動かしながら筋肉を縮めたり伸ばしたりすることを繰り返す「動的ストレッチング」とゆっくりと一定方向に筋肉を伸ばしその状態でしばらく静止する「静的ストレッチング」に分けられます。前者は運動前の柔軟体操やエアロビクスダンスなどに取り入れられており、特に競技選手が反動を付けて素早く行う動的ストレッチを「バリスティックストレッチング」と呼びます。後者は筋肉が急に伸ばされると反射的に縮もうとする伸張反射を抑えることで筋肉に無駄な負荷や緊張を与えないようにするので、クーリングダウンやリラクゼーション効果を狙うエクササイズとして幅広い支持を受けています。ただし安全に見える静的ストレッチングもやり方を間違えると筋を傷めることがありますので、しっかりとした指導者のもとで行われることが望ましいです。

効果を引き出すレッツ・メッツ・アップ

レッツ・メッツ・アップとは、運動強度を高める歩き方といわれてます。あなたが普段歩いているメッツ(=運動強度)はどのくらいですか?メッツが上がればエネルギー消費量が変わります。普段の歩き方を改善してメッツアップしましょう。歩幅を広く取り、歩くスピードを上げることで、さらにエクササイズ(運動)効果を高めることができます。息が切れるような速さではなく、「ややきつい」と感じる程度のスピードにとどめましょう。体調が悪いとき、痛みがあるとき、悪天候の場合などには、無理をしないようにしましょう。暑い日は、水分補給を十分に行いましょう。

毎日1時間のウォーキング効果

ウォーキングのダイエット効果に、期待を持ってウォーキングを頑張ってる人は多いと聞きます。ここで、毎日1時間、1分間に100mの早歩きといわれるペースでウォーキングした場合の、消費エネルギーは270kcalとなります。体重を1kg減らすのには、7200kcalの消費カロリーが必要といわれてます。1日270kcalで30日間続けた場合は、8100kcal消費したことになり、1ヶ月で1.12kg痩せる計算になります。消費カロリーは個人差があります。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)