健康に効果あり!30分ウォーキングを知る!

約 1 分
健康に効果あり!30分ウォーキングを知る!

健康のためには、日常生活の中にウォーキングを取り入れてください。近所のコンビニなどへは車や自転車の使用をやめ、ウォーキングに変えてみる。マンションに住んでいるのであれば、エレベーターではなく階段を使用してみる。毎日のちょっとした行動をウォーキングに変えてみる。身構えることなく、気楽に日常生活の中に取り入れてみてください。30分連続でなくても、15分ずつ2回でも、10分を3回でもよいのです。毎日続けることが大切なのです。

正しいウォーキング・準備を知る

ウォーキングの前後には、必ずストレッチを行って身体をほぐしましょう。けがや事故の予防や疲労回復のためにストレッチ体操を行います。腰と股関節は脚を広めに開き、腰を落として両膝を曲げます。膝の上に手を置き、肩から体をひねる動作を左右2回ほど10秒キープしてください。アキレス腱は、片方の足を前に出して膝を曲げ、反対の足のかかとは浮かせないようにアキレス腱を20秒ほど2回伸ばしてください。膝は屈伸を5回ほど行います。手首、足首はグルグル、ブラブラでほぐしてください。

正しいウォーキング・姿勢を知る

まず正しい姿勢から知りましょう。人はどうしても前かがみになりがちですので、背筋は伸ばしてください。このときに胸を張ってしまうと腰を痛めることがありますので注意してください。アゴを引いて顔と視線はまっすぐ正面を向く感じが良いです。これだけで腰への負担は軽減されます。次に、ウォーキング方法ですが、ポイントは4つだけです。ポイントの1つ目は、かかとから着地すること。ポイント2つ目は、足の親指と人差し指で蹴りだして歩くこと。ポイントの3つ目は、かかとで着地し、足の指先へ意識的に重心を移動すること。最後のポイント4つ目ですが、歩幅を守って歩くことです。自分の歩幅は身長-100cmが大体の基準になります。さあ、大きく腕を振ってウォーキングをお楽しみください。

健康への効果・体調面を知る

ウォーキングを行うことで、血行がよくなり、体温の上昇を促します。また、適度な疲労を身体に与えることで、質の高い睡眠が期待できます。しっかり睡眠がとれたことで朝の目覚めもよくなり、自律神経のバランスが調整され、体調が整いやすくなります。体調がよければ活動的な毎日を過ごすことができます。

健康への効果・精神面を知る

身体への負担が少ないウォーキングは、幸せを感じる「脳内麻薬」と呼ばれる、エンドルフィンといわれる脳内ホルモンを放出することが解っています。脳を活性化し、精神的ストレスの解消に効果があり、免疫細胞の防御反応を強化する作用もあります。エンドルフィンを正常に放出させることは、とても人生にとって大切なことなのです。毎日、楽しくウォーキングを行えば、ストレスも解消することでしょう。

健康への効果・その他を知る

ウォーキングは、運動不足を解消するだけではなく、生活の質を向上させてくれます。1.脂肪の燃焼効果により、肥満の予防・解消ができます。2.全身持久力が向上します。3.骨粗しょう症の予防ができます。4.高血圧、糖尿病などの生活習慣病の予防になります。5.脳細胞の活性化をはかり老化防止になります。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)