ウォーキングにダイエット効果なしは本当か?

約 1 分
ウォーキングにダイエット効果なしは本当か?

ダイエットのために始めたウォーキング。ですが、あまり効果がない。という声があります。本当にウォーキングにはダイエット効果がないのか調べてみました。

ウォーキングで痩せる仕組み

では、なぜ効果がでないのでしょう?理由は、脂肪の燃焼効率が悪く、消費したカロリー分だけ飲食物よりカロリーを摂取している。消費カロリーを摂取カロリーが上回れば太ってしまいます。有酸素運動である、ウォーキングはダイエットに適した運動であることは間違いがありません。ですが、ウォーキングで得られるカロリーの消費量は多くはないのです。ウォーキングでカロリーを消費しやすくするために、毎日ウォーキングすることがすすめられているのです。

脂肪の燃焼を上げる

ウォーキングは、他の運動にみられるような、体の一部分だけの筋肉を鍛えることはなく、体全体の筋肉をバランスよく鍛えています。体への負担も少なく、ウォーキングの良い姿勢が普段から身についてきます。全身の筋肉が鍛えられ、血流が良くなり、体質が改善されます。筋肉が鍛えられたことで、代謝が上がり、何もしていないときでもカロリーの消費量が増え、脂肪の燃焼が活発になるのです。脂肪が燃焼されればダイエットにつながります。

効果を引き出すウォーキング1

ウォーキングの効果を引き出すためには、ウォーキング用のシューズを用意しましょう。ウォーキングシューズは歩くことに適した機能を装備しております。身体への負担や怪我などのことを考えれば、ウォーキングシューズは必需品といえます。つぎに、ウォーキングには風通しが良く、やわらかい生地の服を選んでください。ウォーキング中の発汗や熱をこもらせない服、太ももや股が擦れても皮膚に傷がつかない服が望ましいです。

効果を引き出すウォーキング2

ウォーキングの効果を引き出すためには、ウォーキングの前には必ずストレッチを行います。首や足首などを回し、股関節を開くなどのストレッチを行うことで、筋肉や関節がやわらかくなり、つまずきや転倒などの事故予防になります。

効果を引き出すウォーキング3

ウォーキングの効果を引き出すためには、ウォーキングの姿勢を正しくしましょう。背筋は真っ直ぐに伸ばします。顔はあごを引き、視線は真っ直ぐ正面を見る姿勢が良いです。ウォーキングは、普段の歩きよりも、やや広めの歩幅で歩くことで、腰のひねり効果と腹筋を鍛える効果が見込まれます。手は軽く握り、ひじを曲げて大きく振ります。この動きでは上半身の筋肉を鍛える効果があります。ウォーキングは最低20分は続けてください。脂肪の燃焼が始まるのに20分程度必要とされているからです。ウォーキングを終わる5分前くらいからは、速度を落とし、歩幅を戻してクールダウンに入ります。使われて緊張状態にある筋肉をゆるやかに戻します。また、ウォーキング終了後には、疲れた筋肉をケアするためのストレッチをおすすめします。

効果を引き出すウォーキング4

ウォーキングの効果を引き出すためには、朝のウォーキングをおすすめします。朝に有酸素運動を行うことで、一日中、身体が脂肪を燃焼しやすい、代謝の高い状態を維持できます。ウォーキングでは心拍機能や免疫能力、持久力の向上などの効果が望めます。しかし、ダイエット効果については、すぐに現れることは稀です。効果が実感できるまでには3ヶ月くらいかかります。1ヶ月ほどで諦めることは絶対にしないでください。地道に続ければ、絶対に効果が現れてきます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)