ウォーキングシューズのニューバランスを知る!

約 1 分
ウォーキングシューズのニューバランスを知る!

ニューバランス創業の歴史

1906年、米国マサチューセッツ州ボストンでニューバランス社は誕生しました。履いた人に“新しい(new)、バランス(balance)”感覚をもたらす。足にジャストフィットしてこそシューズは本当の性能を発揮する。扁平足の矯正靴などのメーカーとして創業し、1960年代に様々な足形にフィットするオーダーメイドランニングシューズの受注製造を開始します。1972年、その当時日産36足程度の生産しかできなかったニューバランス社をのちの代表取締役会長ジェームス・S・デービスが買収します。解剖学的知識、整形外科や運動生理学などに造詣が深いバックグラウンドがあり、どんなに優れた機能やデザインも、履き心地が最高でなければ意味がないという、ジェームス・S・デービスの理想とする考えのもと、千差万別の足の形にオーダーメイドされたようにフィットするシューズを研究開発します。1970年代後半になってようやく理想を具現化したシューズが完成しました。それらのシューズは発表と同時に話題をさらい、世界中のランナーから絶大な指示を受けました。1980年代に、990、1300、575とその後のニューバランスのイメージを決定づける、走る機能とファッション性を高次元に融合させた伝説のシューズが登場します。ニューバランスは、スポーツに真剣に取り組む人々のためのブランドです高品質で斬新なテクノロジーのスポーツシューズとアパレルを、さまざまなサイズとウィズで展開するとうユニークな方法でアスリートのニーズに応えています。

独自のフィッティングシステム「ウイズサイジング」

1906年に創業してから、「フィット性」をテーマに研究開発をし続けているニューバランス。普通のシューズは、足の長さでサイズを合わせます。しかし、人の足の形は千差万別。甲高の人もいれば、幅の広い人もいる。そういう人たちにも唯一無二のフィット感を提供すべく、1つのシューズを足の幅ごとに靴を作り分け、自分で足幅にあった靴を選ぶことができるシステム「ウィズサイジング」を採用しています。これは、靴のサイズごとと、幅ごとに生産する必要があるため、商品分類が多岐にわたり、かつ在庫もそれぞれ持たなければならないリスクのある方式ですが、一人ひとりに最高のフィット感を提供するためには妥協をしないという確固たるポリシーを購入者に伝えています。

「まるで雲の上を歩いているようだ」

アメリカでは1970年代にランニングブームが巻き起こり、コンバースやナイキ、リーボックなど、様々なブランドが林立していました。製造業の不景気により、多くのブランドが生産を中国やベトナムで行なうことになりました。しかし、ニューバランスは主力製品の製造は引き続きアメリカやヨーロッパに生産拠点を置いています。販売価格はどうしても他社より高くなってしまいがちなのですが、それだけ品質とブランド力にこだわりを持つことでもあります。そのこだわりが息づくスニーカーの履き心地はしばしば、「スニーカー界のロールスロイス」として絶賛されます。かのファッションデザイナー、ラルフ・ローレン氏はM1300を愛用し、限定生産品にもかかわらず常に複数足を確保し、何足も履きつぶすほど履いたと言われています。愛用家のラルフ・ローレン氏曰く、ニューバランスのスニーカーは「雲の上を歩いているようだ」と絶賛したと言われています。

ペットネームがない

ニューバランスのスニーカーの種類は多岐に渡ります。ニューバランスにはそれらのペットネームはありません。いずれも、アルファベットと番号の組み合わせで呼ばれます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)