ミズノを代表するウォーキングシューズ LD40IV 魅力解剖

約 1 分
ミズノを代表するウォーキングシューズ LD40IV 魅力解剖

歩く動作を徹底的に研究した、ミズノを代表するウォーキングシューズ<LD40IV>その名に秘められた、40kmもの長距離(Long Distance)歩行を前提としたこのモデルは、どこまでも歩いて行けるような感覚と、その合わせやすさから2006年の発売以来ロングセラーを誇り、今作で4代目となる一足。さらなる進化を遂げた歩きやすさで、健康のためのウォーキングはもちろん、日常のあらゆるシーンを快適にサポートします。当ページの内容につきましては美津濃株式会社様のウォーキングページ内より抜粋しております。

LD40IVの魅力その1

シーンを選ばない使える一足。LD40IVと日常のいい関係。靴選び一つで、毎日の働きやすさも一変するというもの。LD40IVはフットワークを軽くするばかりか、きちんとした場でも見栄えする上質な本革を使用。見た目にもデキる、まさに才色兼備な一足だ。また、近所での散歩や買い物など、油断しがちなシチュエーションでも程よい品のあるカジュアルを。ヌケ感のある明るい色味で、いつもの歩みも装いもより軽快に。

LD40IVの魅力その2

LD40IVで旅路を歩く。旅上手は歩き上手。旅先ではとにかく歩き回る。だからこそフットワークの軽いシューズを選びたい。旅先では、ヒールや革靴では歩きづらい石畳や砂利道など普段歩き慣れていない道にも多々出くわす。LD40IVは、40kmもの長距離歩行を前提とした設計で、靴底には柔らかいのにグラつかず、ひざ・腰にやさしいミズノ独自の波型プレート「ミズノウエーブ」を搭載。足への負担を軽減し、どこまでも軽快な足取りをサポートしてくれる。旅での靴選びでもう一つ忘れてはならないのが、カジュアル過ぎないこと。歩きやすさは優先事項であっても、あまりにラフな履き物ではホテルのロビーやレストラン、せっかくの特別なひとときを演出してくれる場で気後れしてしまう。LD40IVは、革仕様なので大人の品格も保て、ラフなコーディネートも足元できちんと引き締めてくれる。旅先へ履いて行くにもぴったりの一足と言えそうだ。

LD40IVの魅力その3

車や電車に乗ったときに感じる揺れが乗り心地を左右するように、シューズにも乗り心地(ライド感)があるのをご存知だろうか。実は歩きにくいシューズというのは、一連の歩く動作の中で急加速・急減速の揺れが発生し、足が前後方向にブレるから歩きが不安定でライド感が悪くなるのだ。LD40IVでは、このライド感をLD40Ⅲより「着地」した時にかかと部分にかかる前後方向へのブレをより抑えることで、その後の「体重移動」「蹴り出し」までの一連の動作がさらにスムーズにレベルアップ。もっとラクにもっと遠くへ歩くための、ミズノならではのこだわりを追求した逸品に進化した。

LD40IVの魅力その4

歩く時は、体重の1.5倍もの力が足にかかると言われています。そのため、歩行時の衝撃を和らげる「クッション性」と、足のグラつきを抑える「安定性」という本来相対する機能を両立した波形プレート「ミズノウエーブ」を靴底に搭載。柔らかいのにグラつかず、ひざ・腰にやさしい設計です。

LD40IVの魅力その5

靴底内に設けた通気孔から湿気を排気して、シューズ内の湿度と温度を下げる通気システムを搭載。ムレを抑え、爽やかな履き心地を保ちます。また、男女の体格・歩き方の違いに着目し、男性モデルと女性モデルで異なるソール設計を採用。男女それぞれにより適した設計で、快適な歩き心地を提供します。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)