メンズ用ウォーキングシューズの選び方

約 1 分
メンズ用ウォーキングシューズの選び方

ウォーキンググッズで一番大切なものはシューズです。正しいシューズの選び方を知ることは、安全にウォーキングを楽しむためには欠かせないことです。選び方を間違い、自分に合わないサイズや目的と違ったシューズを選んでしまうと、歩行で足に負担がかかり、疲れやすく、マメや靴ずれなどのトラブルを引き起こし、ウォーキングを楽しむどころではなくなってしまいます。そればかりか、シューズの選び方次第では、体をアンバランスにし、かえって体調を崩すことにもなりかねません。また、足痩せやダイエットを目的としたふくらはぎを細くしたいという方にはシューズの選び方は重要なポイントとなります。足に合わないウォーキングシューズを履き続けてしまうと、歩き方や姿勢が悪くなり、むくみや偏った筋肉、骨盤のゆがみを伴い、かえってふくらはぎを太くしてしまう可能性があります。ウォーキングシューズは歩くことを目的として開発され、工夫された靴です。自分に合ったウォーキングシューズの選び方について考えてみましょう。

ウォーキングシューズ選びの目安

基本的にウォーキングシューズは購入前に実際に履いて歩き心地を確認することが大切です。自分の足の幅に合っているか、歩いた時に違和感を感じないかなどを具体的に体感する必要があります。特につま先部分は足の指を痛めやすいのでしっかりと確認する必要があります。靴がきつ過ぎるのは論外ですが、余裕があり過ぎるというのも踵に負担がかかり駄目です。適度な余裕を感じさせるくらいの大きさがベストです。靴底については、多くが合成ゴムで出来ているので、雨や雪の日は滑りやすくなりますので注意が必要です。滑りにくく工夫されている靴を選ぶようにしましょう。

朝と夜では足の大きさが違うって知ってます?

人間の足は午前中と午後とでは足の大きさに変化が出るとされています。理由としては、日中の活動している時間に足がむくんでくるからです。午前中に「ピッタリなサイズ」と思って買ったウォーキングシューズだったとしても、午後になったら少し窮屈になったという話をよく耳にします。ですので、ウォーキングシューズに限らずですが、靴を買うときはなるべく夕方以降に買うことをおすすめします。

靴の大きさが気になったら?

ウォーキングシューズを買って、歩いていたら少しサイズが大きいような気がしてきたという場合が結構あります。そのような場合は、購入店で交換、返品するというのも一つの方法ですが、スポーツ専用の厚みのある靴下を一緒に履くようにして対処するのがよろしいかと思います。また、靴底のクッション性が悪いと感じたら、クッション性の高いインソールもありますので試してみるようにしましょう。

サイズ表記は目安です

靴には24.0とか23.5とかサイズが書かれているものですが、この表記はあくまでも目安の一つとして考えておいたほうがよいでしょう。理由としては、こんな経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、、あるメーカーでは、24.0の靴がピッタリなのに、別のメーカーになると24.0では窮屈に感じたり、その逆で大きく感じたりすることがよくあります。自分の足のサイズを覚えておくことは大切ですが、時として自分のサイズとメーカーの公表サイズが必ずしも一致しないことを認識しておきましょう。このような問題を回避するためにも、実際に履いて選んでみることが一番大切なのです。永くウォーキング生活を楽しむためにも自分に合ったベストシューズを選ぶようにしたいものです。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)