メンズ用ウォーキングシューズのメーカー各社の特徴・取り組み

約 1 分
メンズ用ウォーキングシューズのメーカー各社の特徴・取り組み

各メーカーのウォーキングシューズの特徴

ウォーキングシューズを販売している各メーカーの特徴や取り組みを調べましたので是非参考にしてください。

ミズノ(MIZUNO)

日本の老舗スポーツ用品メーカー。ミズノがトップアスリートと培った技術の結晶、「ミズノウェーブ」。安定性とクッション性を高度に両立させたソールを歩く全ての人へ。なにげない一歩を健やかな一歩に変える。それがミズノの靴、MIZUNO FOR WALKの使命です。ウォーキング用として設計されたLD40シリーズが有名。シリーズで累計103万足販売している靴でもある。色が黒のものの場合、会社の通勤時などに使っても違和感がなく、ドレスコードの厳しくない業界であれば、普段のビジネスシーンでそのまま使うことができるデザインも用意されている。

月星(MoonStar)

日本の老舗靴専門メーカー。上履き等の学校用の靴も手がけているため、日本で生活していれば一生のうちに必ず同社ムーンスターの靴を履いたことがあるはず。ウォーキングシューズとしては、1984年の海外ブランドのウォーキングシューズの上陸により、日本人の足型に合わないシューズが原因で足に傷害を起こしたり、歩きを楽しめない事象が起きた。「日本人のためのウォーキングシューズを作らなければ」とひとりの技術者の想いから開発が始まった。ムーンスター独自の“ウォーキングセーバー理論”にたどり着き、運動生理学・人間工学に基づき歩行動作のメカニズムを解析、着地・体重移動・蹴り出し・空中移動という4つの動作に区分し、各々の状態で動態に適切な機能を開発し搭載した。1987年に日本で最初のウォーキングシューズが発売されました。

アシックス(ASICS)

フットウェア・アパレルを中心に展開する日本のスポーツ用品メーカー。「すべては、あなたの足の快適のために。」アシックスウォーキングは、さまざまな分析・研究、独自の素材開発、品質評価を経た、足にやさしく、快適な靴を、皆様の元へ。豊富なラインナップを持ち、ウォーキングシューズの専門店も持つ。快適性や、クッション性を重視したモデル、長距離のロングウォークを想定して設計されたモデルもあり、目的にあわせて選ぶことができます。

ヨネックス(YONEX)

バドミントンやテニス用品でよく知られる日本のスポーツ用品メーカー。「パワークッション」はそんなプロの想いに応えて開発されたヨネックス独自の衝撃吸収材です。ヨネックスウォーキングシューズには「パワークッション」をすべてに採用。その特徴は、歩くたびに足にかかる衝撃を吸収しながら、反発力で前進するエネルギーを生み出すこと。そして軽量であることで長く歩いても疲れにくく、自然でスムーズな足の運びをサポートします。軽量化や反発性、筋肉疲労度の減少といった歩く上での快適性を追求したシューズとなっています。

ウォーキングシューズは正しく選ぼう

上記の4社は日本の代表的なシューズメーカーであり、海外メーカーブランドも多数あります。シューズはついつい、話題の人気シューズや知人からすすめられたシューズをあまり深く考えずに買ってしまいがちですが、自分に合ったシューズを選んで健康的なウォーキングを楽しんでください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)