価格帯によるウォーキングマシンの違い

約 1 分
価格帯によるウォーキングマシンの違い

ウォーキングマシンを自宅に置く

スポーツジムなどに通ったことのある方はウォーキングマシンないしはランニングマシン必ずと言っていいほど見たことがあると思います。それほど走ることや歩くことには需要があり、運動の基本となっています。ウォーキングそのものを目的としていない人でも筋トレや何かスポーツをする前のウォーミングアップとして使うことは多いです。ダイエットのために激しい運動をするほど体力はなくてもウォーキングであればできるという人も多く、日中から夜間まで様々な時間に様々な人が外を歩いているのもよく見かけますが、ウォーキングマシンを持っていればウォーキングだけをしたい人が、ジムに通う必要もなくなり自宅での運動を実現させることとなります。

ウォーキングマシンの価格の幅は大きい

では実際に自宅においてウォーキングができるよう、マシンを購入してもジムのように快適なウォーキングはできないかもしれません。その理由は単純で、機能の差です。ウォーキングマシンの機能はものによってかなり差があり、それに伴って値段の差も非常に大きく、購入時には悩みの種となり得ます。非常に安いものであれば1万円台で購入できるものもあるため、機能に大きな差があることを知らないまま、そしてあまり確認しないまま購入しようとすればこの価格帯のものに手を出してしまいそうです。必ずしも高機能のものを手に入れる必要はなく、人それぞれの要求を満たすものであれば価格の低いほうが良いですが、1万円や2万円程度のものは耐久性が低いことも多く満足に至らないものが多いことも事実です。一方最高級のマシンとなると100万円を超してきます。よほどお金持ちかウォーキングに力を入れていないとこのクラスを買うのは難しく、またそこまでする必要はないかもしれません。簡単に分けると1万円クラスの安価なもの、そして10万円以下のもの、数十万円する高価なもの、100万円を超す最高級のものに分けられます。

性能の差

ウォーキングマシンの見るべきポイントは、耐久性と最高速度、走行ベルトの大きさ、連続運転時間などです。耐久性を見分ける一番簡単な方法は耐荷重を見ることです。ここに余裕がなければ使ってみて気に入ってもすぐに壊れる可能性が出てきます。最高速度については使用方法として特にランニングも視野に入れている人に注意が必要です。走行ベルトについては小さすぎると使い心地が悪く、実際に歩くときに問題がなくても幅がギリギリになることで窮屈に感じてしまいます。また、ウォーキングをするときには数十分から1時間を超えて歩くことも考えられるため連続して稼働ができるよう連続運転時間も確認しておきましょう。ジムなどに置いてあるウォーキングマシンでは不特定多数の人が常に走ることが想定されるためこうした条件を全て満たすような良質なマシンが置かれているのです。

自分に合ったものを総合的に判断しよう

自宅に置くとなれば、各々の家庭環境に適合させる必要が出てくるでしょう。例えばアパートなどで、生活音が漏れてしまうような場合には騒音の大きなものは置けませんし、そもそもマシン自体の重量がありすぎるものも賃貸なので気にする必要があり、部屋の大きさを考慮したサイズ感についてもチェックが必要です。この他家庭によって状況は様々であるため自宅のことを思い浮かべながら確認していきましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)