ビジネスにもウォーキングシューズを使おう

約 1 分
ビジネスにもウォーキングシューズを使おう

無意識に歩く距離

ウォーキングを始める人は多くおり、ウォーキングをすることによるダイエット法など様々な情報も広く発信される社会になってきました。その背景の一つには年々減少しつつある平均歩数の問題があります。人間において最も基本的な運動は歩くという動作であり、科学技術の向上によって便利な生活が実現する一方深刻な運動不足が発生することとなりました。遠い過去において移動手段の主流は自分の足を使った「歩く」という行為であったことを考えると車や電車が普及した現代では平均歩数が減るのも当然と言えます。この変化に対して人間の体はまだついていくことができないためウォーキングなどを代表とした運動を取り入れることで体調管理をしているのです。しかしながら私たちはまだ一日に平均して7千歩ほど歩いており、働き方によってはこの数値よりも大幅に多い歩数を歩いていることもあるのです。

ウォーキングシューズの導入

ウォーキングを意識して行っている人にはもはや必需品と言ってもよいほどメジャーとなったウォーキングシューズですが、その機能性は年々上昇しています。スポーツ用品などを扱っているメーカーが常に新商品を出し続けそのバリエーションを増やしているのです。これだけの需要があるほどにウォーキングシューズの機能は高く、足の故障を予防する役目なども担っています。同じウォーキングシューズというジャンルの中でもさらに細分化すると、各々に合ったスタイルで選ぶことが可能になってきます。例えばアスファルトやコンクリートが敷き詰められている街中を歩くことを想定したシューズや、山や丘などを歩くようなハイキング等に適したシューズ、足への衝撃を減らす構造になったシューズなど様々です。

ビジネス利用できるものもある

数ある利用パターンの中でも、ビジネスにも使えるようスーツとの違和感のないタイプのウォーキングシューズが求められるようになり販売されています。ビジネスマンでも仕事中に歩くことが多い人たちもいます。毎日合計して長い距離を歩いていると堅苦しいビジネスシューズでは疲労も高まる一方です。そのため外見上はビジネスシューズに見えるウォーキングシューズが登場することとなりました。これによってビジネスマンは少しでも足への負担と、そしてストレスを減らして仕事ができることでしょう。それほど歩くことのない仕事をしている人でも通勤のちょっとした移動で起こる疲労を抑えることが期待できます。ビジネスシューズを履く必要のない人には通常のスポーティーなデザインをしたシューズでも可能となり幅は広がることとなります。

ウォーキングの効果

ウォーキングシューズを履くことで基本的には疲れを軽減することが期待できます。では歩くこと自体にはどのような効果があるのでしょうか。単なる移動ではなく運動として考えるとウォーキングは有酸素運動であり、脂肪燃焼の効率が高い運動であると言えます。そのためダイエットに効果的です。また自律神経にも影響し、精神面にも好影響を及ぼすので心身ともにバランスを保つようコントロールする役割がウォーキングにはあり、普段の生活においてウォーキングシューズを履き、歩いているということを意識してそれらの効果を発揮していけばストレスも減っていくことでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)