おすすめのウォーキングシューズ

約 1 分
おすすめのウォーキングシューズ

シューズはウォーキングに必須

ウォーキングを長時間していると体力的に疲れてくることに加えて筋肉や関節などに疲労を感じることがあります。有酸素運動の中でも比較的負荷が小さく楽に行うことのできるウォーキングですが、このようなケガに繋がるような運動を続けていると体には逆効果を生み出すこともあります。そしてケガの原因には歩く際のフォームが問題であることが多いですが、もう一つ着目しなくてはならないことにシューズの問題があります。ランニングをしている人においては専用のシューズを購入しているケースは多いものの、ウォーキングでは専用シューズの所持率はこれにやや劣ります。ウォーキングでは動きが激しくなく一定の動作を繰り返すだけなのでそれほど重要性を感じておらず軽視していることがあるためです。しかしながらウォーキングにおいて最も重要となる道具はシューズであり、特に毎日継続して行っている人であれば、ウォーキングの効果を高めることにも繋がってきます。そのため自分に合ったウォーキングシューズを選択するということが大切なのです。

ランニングシューズとの違い

スポーツ用品店に行ってみるとシューズにも多くの種類があることに気付きます。その中でもランニングシューズはウォーキング時において兼用されることが多いですが、実際にはランニングシューズとウォーキングシューズは構造に違いがあり、それぞれ用途に応じた作りになっているので、本来は使い分けたほうが良いとされています。ランニングではウォーキングの運動に比べて足の回転が速いことや足への負担が大きいことなどが特徴です。そのため比較的ランニングシューズは重量の軽さを追及しており、軽やかに足が前へ出せるようになっています。さらに上から下への衝撃が強いので靴底にはクッション性を持たせて足への負担をできるだけ小さくするような設計をしているのです。一方ウォーキングではスピードをそれほど必要としないこと、また長時間行うことが想定されるためシューズには安定性を求めることになります。その結果ウォーキングシューズには重みがあり、一歩ずつをしっかりと踏み出せるようにしており、靴底も厚いものが多いです。

自分にとってのおすすめを探す

基本的なウォーキングシューズの特徴は以上のようなものとなりますが、大事なことは自分に合ったものを履くということです。このような良品に出会うためにはまず店舗に実際に足を運び専門知識を持った店員に相談することが近道となります。そして採寸をしてもらうことで効率的にシューズ選びが進むとともに、自分の体を知ることでこれからの歩き方を考え直す機会にもなることでしょう。左右の足はどちらも対象に見えて厳密に見た場合実は少し違いがあることや、両足そろって偏りが見られることがあります。これらは日常における立ち方や歩き方に偏りがあり、それが長時間続くことで徐々に変化していくことに由来しています。シューズを探す中でこうした状態を知ることもできるのです。そしてもう一つ大事なのは運動時に履く靴下で出向くことです。せっかく採寸までしても、靴下の厚みに差が出てしまってはフィット感にも差が出てきてしまうのです。シューズ選びはケガの予防にも役立ち、今後のやる気にも影響してくるためできるだけ自分に合ったシューズを選んでいきましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)