ウォーキングマシンにおける馬力の重要性

約 1 分
ウォーキングマシンにおける馬力の重要性

ウォーキングマシンの意義

一般家庭においてウォーキングマシンを所持している人は少ないと思います。そのほとんどの理由が値段の高さやスペースを大きく取ってしまうこと、そして騒音の問題です。ウォーキングは外で行っている人がほとんどで、マシンを使っている人もほとんどがスポーツジムで配置されているものを利用しているという状況です。実際自宅に置くほどの必要性を感じていない人がほとんどですが、あれば便利ということに違いはありません。自宅に置くことによるいくつかの問題を乗り越えるにはウォーキングマシンについての知識を少しでも持っておくことが大切です。雨の日でも運動が出来ること、周りの目を気にせず自分のペースで落ち着いて出来ることなど、マシンを使うことによるメリットは多くあります。ここではそんなウォーキングマシンの性能の一つとして重要な役割を果たしている馬力について説明し購入時の判断材料として役に立つ情報を紹介していきます。

ウォーキングマシンの馬力とは

ここで言及する馬力とは、モーターの回転の強さのことであり、このモーターが強いということは走行ベルトの回転に余裕が出てくるということです。自宅用に購入する場合考慮しなくてはならないポイントの一つとしてマシンの音の大きさがあります。どのウォーキングマシンにおいても稼働中の音をなくすことはできません。ジムで使っているときには周囲の音やBGMなどにかき消されほとんど気になることはありませんが、家で使ってみるとうるさいことが多いです。マシンの馬力が小さくモーターが弱いとベルトを回すために必死に稼働するため大きな音が出てきます。一方大きな馬力を持つモーターでは上限に余裕があるため小さな音で同じ回転スピードを生み出すことができます。当然馬力の大きさだけでモーターの良し悪しを比べると馬力の大きなモーターのほうが良いものと言えるため値段も高くなってきます。またランニングは一切行わずゆっくりと使うだけの場合でも馬力の重要性には変わりありません。ゆっくりとした回転のときのほうが車で低いギアにするように、大きな回転力が必要となるためです。そのため馬力の大きさについて、ウォーキングマシンを購入する際には着目しておきましょう。この大きさは1以下のものから3馬力程度であることが多いです。そしてこの値を見るには平均馬力がいくらかという点を見なくてはなりません。最大の馬力について表記してあるときには注意が必要です。また騒音問題のほかに耐久性についても関わってきます。これは、故障の原因としてモーターであることが多いからです。馬力の大きなモーターの場合常に回転に余裕をもって稼働しているため内部の摩耗や故障に繋がるまでに時間がかかるのです。そしてこのことは連続使用時間に影響するため、一度にできる運動量にも限界が出てきます。この耐久性が落ちることは様々な性能の低下に繋がることもあり、始めは静かにウォーキングできていたものが年数を重ねるごとに徐々にうるさくなっていくことも起こっています。

費用とのバランスを考えよう

馬力は大きいに越したことはないですが、ウォーキングマシンの価格の幅はかなり広いためこれらのバランスを考えて判断することが大切です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)